日本ハム大谷が5試合連続マルチ達成、勢い止まらず2打席連続タイムリー

第2打席に右前適時打、第3打席に中前適時打

 日本ハムの大谷翔平投手が、5試合連続のマルチ安打を記録した。20日の西武戦(札幌D)。「3番・指名打者」で出場した大谷は、3回の第2打席、5回の第3打席と、2打席連続で適時打を放った。

 3回1死一、三塁で一二塁間を破る右前適時打を放っていた大谷が、5回にも貴重な追加点を叩き出した。先頭の西川が四球で出塁すると、続く松本が一塁への内野安打でつなぐ。無死一、二塁で打席に入り、2ボール1ストライクからファイフのストレートを中前へ。西川が俊足を飛ばして本塁へと生還し、リードを3点に広げるタイムリーとなった。

 8月16日のロッテ戦(札幌D)で3打数3安打の猛打賞としてから、マルチ安打が続いていた大谷。この日も3打席目までに2安打し、6試合連続安打、5試合連続マルチ安打となり、大谷のバットの勢いが止まらなくなってきた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)