「本当なら2軍落ち」―日ハム上原、プロ初勝利で次々とあふれた感謝の言葉

「本当なら2軍落ち」―日ハム上原、プロ初勝利で次々とあふれた感謝の言葉

日本ハム・上原健太【写真:石川加奈子】

母校の活躍から「プレッシャー」も…大型左腕のプロ初勝利の裏側にあったもの

 日本ハムの上原健太投手が20日、本拠地での西武戦でうれしいプロ初勝利を挙げた。

 アクシデントを気迫で乗り越えた。2点リードで迎えた5回。1死一塁で吉井理人投手コーチがトレーナーを伴ってマウンドへ駆けつけた。左手人さし指のマメがつぶれて裂け、出血が止まらなかったため、一度ベンチに退く。

「“めくれている部分を取ろうか”と言われましたが、急に感覚が変わることはやりたくなかったので、止血だけして、そのまま行かせてもらいました。子供の頃からの日常茶飯事で痛くはないので。ただ、チームに迷惑をかけたくなかったので、あれ以上崩れるようなら降板を志願しようと思っていました。でも、絶対にそうなりたくない。その思いだけでした」

 マウンドに戻ると、浅村にストレートの四球を与えた。再びマウンドに来た吉井投手コーチから「ここを抑えないと勝てないぞ」とハッパをかけられ、最後の力を振り絞る。山川をフォークで空振り三振、メヒアで右飛に打ち取り、雄叫びを上げた。

「ここぞというところでしっかり投げ切れた。特にいいボールはなくて、逆に悪すぎるボールもなかった。全体的に配球が散らばっていたかなと思います」

 苦しみながらも残した5回3安打無失点の結果に胸を張った。

 先発5試合目でつかんだ初勝利。初めて先発を任された7月23日西武戦からここまでは4戦4敗だった。「本当なら2軍落ちのはずなのに、何回も何回もやらせてもらって、監督には心の底から感謝しています。負けている時も野手の方からいろんな声をかけてもらい、野手の方のおかげです」。感謝の言葉が次から次へとあふれた。

苦しんだ1年目「野球に関しては一つもいいことはなかった」

 身長190センチの大型左腕としてドラフト1位で入団したが、昨季1軍登板はシーズン終盤の1試合1イニングだけ。18試合に登板したイースタン・リーグでも防御率5.63と苦しい1年だった。

「野球に関しては一つもいいことはなかった。ちょっと良くなれば通用しないという繰り返し。でも、1年半やってきて、やっと形になりつつあるという実感があります。これをきっかけに変わっていけたら」

 1軍での経験が成長を加速させている。転機になったのは、今季初登板した7月3日の西武戦だ。9回にマウンドに上がり、1イニングで5安打5失点。滅多打ちされたことで、自分自身が考える良いボールと打者が打ちにくいボールとの違いに気がついた。「自己満足よりも最低限のところでミスしないことが大事。悪いボールでもタイミングを外して打ち取ればいいと考えると楽になりました」と発想の転換が生まれた。

 この日はもう一つ負けらない理由があった。母校の広陵が甲子園で準々決勝を戦っていたからだ。「直前まで見ていて“ヤバっ”と思いました」と試合開始30分前までテレビに釘付けになった。初回3点を先制した後輩たちを見て「プレッシャーがかかりました」と自分にも気合を入れてマウンドに向かった。

 4万人が見守るお立ち台で上原は照れくさそうに笑った。「ホッとしています。長い間待ってもらったので。やっとここからスタートに立てたなと思います。これからもチャンスをいただけたら精一杯チームのために頑張ります」。期待の大型左腕の初勝利を見届けた本拠地は大歓声に包まれた。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)