【MLB】前田健太、5回までパーフェクトも…6回に4失点で5敗目、約1か月半ぶり黒星

【MLB】前田健太、5回までパーフェクトも…6回に4失点で5敗目、約1か月半ぶり黒星

前田健太 6回に4失点で5敗目

【MLB】前田健太、5回までパーフェクトも…6回に4失点で5敗目、約1か月半ぶり黒星

ドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

バーランダーと4回までともにパーフェクトの投手戦も…ドジャースの連勝は6で止まる

 ドジャースの前田健太投手は20日(日本時間21日)、敵地でのタイガース戦に先発し、6回5安打4失点7奪三振無四球で5敗目(11勝)を喫した。5回まで1人の走者も出さないパーフェクト投球も、6回につかまり4失点。この回限りで降板となり、ドジャースは1-6で敗れて連勝は6で止まった。

 前田は初回、キンスラーを見逃し三振、プレスリーを左飛、アップトンを空振り三振と好スタート。2回もカブレラ、マートゥックを空振り三振、マルティネスを中飛に仕留める。3回はヒックスを遊ゴロ、ロマインを投直、マチャドを右飛、4回はキンスラーを中飛、プレスリーを投ゴロ、アップトンを空振り三振。ここまでパーフェクト投球も、タイガース先発バーランダーも1人の走者も許さずに試合が進む。

 5回、ドジャースは1死からプイグが四球を選び、初めての走者が出るも、後続が倒れて無得点。ヒットは出ない。一方、前田はカブレラを二飛、マートゥックを空振り三振、マルティネスを右飛とパーフェクトを継続する。

 すると、ドジャースは6回にメッツからトレードで獲得したばかりのグランダーソンが先制ソロ。この試合、両チーム通じて初のヒットでついに均衡を破る。

 しかし、前田はその裏、先頭ヒックスに初ヒットを許して初めて走者を出すと、ロマインには二塁打を浴びて二、三塁とされる。マチャドにはレフトへの2点二塁打を浴びて逆転を許した。さらに、アップトンに2ランを打たれて一挙4失点。この回限りで無念の降板となった。

 ドジャースは8回にも救援陣が2点を失い、1-6で完敗。前田は85球を投げ、ストライクは62球。防御率は3.88。自身の連勝は5でストップ。黒星は7月2日(同3日)のパドレス戦以来、約1か月半ぶりとなった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)