MLB最年長コロン、Dバックスに勝利で全30球団“制覇”を達成 現役では3人目

MLB最年長コロン、Dバックスに勝利で全30球団“制覇”を達成 現役では3人目

ツインズのバートロ・コロン【写真:Getty Images】

史上18人目の“偉業”、黒田氏はタイガースに勝てず29球団“制覇”

 メジャー最年長選手のツインズ、バートロ・コロン投手が20日(日本時間21日)の本拠地ダイヤモンドバックス戦で6回7安打4失点と粘投を見せ、今季5勝目(10敗)を挙げた。これでメジャー全30球から白星を挙げたと、MLB公式サイトのツイッター「MLB Stat of the Day」が伝えている。

 ツインズはこの試合、初回に一挙9点を奪取する猛攻を見せ、あっという間に試合を決めた。3回にも1点を追加し、序盤に10点のリードをもらったコロン。4回にはマルティネスのソロ弾などで3点を失い、5回にもラムに被弾。しかし、味方打線がその裏に2点を取り返すと、6回には3者凡退に抑えて降板となった。

 救援陣もリードを守り、ツインズは12-5で快勝。コロンに白星がついた。

「MLB Stat of the Day」はツイッターで「今日、ダイヤモンドバックスを打ち破り、バートロ・コロンはMLBの全30球団から勝利した」とレポート。メジャー20年目の44歳の最年長選手が“偉業”を達成した。

 MLB公式サイトによると、30球団制覇は史上18人目で、現役ではジョン・ラッキー(カブス)、マックス・シャーザー(ナショナルズ)に次いで3人目。なお、ドジャースとヤンキースでプレーした元広島の黒田博樹氏はメジャー時代、29球団に勝利。タイガースに勝てず、30球団制覇はならなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)