「俺が捕手に一番求めているのは『恕』」―ハム栗山監督が黒羽根を称える理由

「俺が捕手に一番求めているのは『恕』」―ハム栗山監督が黒羽根を称える理由

日本ハム・黒羽根利規【写真:石川加奈子】

DeNAから移籍後初のお立ち台、「顔でかいからや」「“黒”やって!」で爆笑

 日本ハムの黒羽根利規捕手が20日、本拠地での西武戦で上原健太投手をプロ初勝利に導いた。打っても2安打1打点。DeNAから移籍後初めて上がったお立ち台では、北海道のファンの心をつかんだ。

「マジでホッとしてます」。コンビを組んで5試合目でやっと上原に勝ちをつけてあげられた安堵感に開口一番頬が緩んだ。「サイコーです!」と絶叫してからはノリノリ。夏休み最後の休日に球場を訪れた子供たちに向かって「帰ってちゃんと宿題してください!」と呼びかけた後、自ら小声でアナウンサーに「ツッコんでください」とお願い。

「黒羽根さん、マイク小さくないですか?」と問いかけられるとドヤ顔で「顔でかいからや」と即答。「以上、“白”羽根選手でした」というアナウンサーの締めに「“黒”やって!」とすかさずツッコミ。サービス精神満点の即興パフォーマンスに札幌ドームは爆笑に包まれた。

 その様子をベンチに座って眺めながら栗山監督はベンチで微笑んでいた。「素晴らしかった」とこの日の活躍を称えた指揮官は、孔子が説いた言葉を使って黒羽根の良さを表現した。

「俺が一番キャッチャーに求めているものは『恕(じょ)』なんだよね。相手の気持ちになっていますかという風に表現されるけれども、相手の心の如くという字そのもの。バネ(黒羽根)はそういうものがすごく感じられるキャッチャー。何とかしてあげようという必死な姿が彼の特徴」

初勝利の上原も黒羽根を信頼「思い切って投げることができた」

「恕」とは孔子が人生で一番大事なものだと説いた思いやりのこと。投手の身になって考え、何とか良さを引き出そうと全力を尽くす姿勢が指揮官の琴線に触れた。

 プロ初勝利を挙げた上原も黒羽根への厚い信頼を口にした。「フォアボールを連発してどうなるかと自分でも思っていたのですが、黒羽根さんが呼んでくれて、思い切って投げることができました」。苦しい投球の中で18.44メートル先の女房役が大きく見えたに違いない。

「今日はみんなが何とかしようと空気になったことがうれしい」と試合内容に手応えを感じた栗山監督。「恕」を表現する捕手の加入がチームに少しずつ化学変化をもたらしている。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)