「松井秀喜との対戦は面白かった」 名手たちが脳裏に刻む「名勝負」の記憶

「松井秀喜との対戦は面白かった」 名手たちが脳裏に刻む「名勝負」の記憶

元巨人、ヤンキースの松井秀喜氏【写真:Getty Images】

スター選手たちが繰り広げた「名勝負」の数々

 今月7日、「サントリードリームマッチ2017」が開催された。巨人の調子が今ひとつということで、普段は多少、空席が目立つ今年の東京ドーム。しかしこの日ばかりは、ビール片手に多くのファンで超満員。22回目を迎えるこのイベントも、まさに「真夏の恒例行事」となって来た。

 ここに出場する選手たちはこれまでのNPBを支えてきたスーパースターたちばかり。彼らのプレーを見ていると当時の名シーンがフラッシュバックする。東京のど真ん中に位置する東京ドーム(旧後楽園球場:東京ドームの前身1937〜87年)という「箱」も過去の名勝負を支えてきた。

「打席に立つといろいろ思い出す。例えば、場所が東京ドームだからなんだけど、桑田君(真澄・元巨人)なんかと対戦すると、『ああいう雰囲気だった。球筋もああだったなぁ……』ってね。抑えられたり、逆に打ったり……。いろいろな投手と対戦したことが思い出されますね」

 そう語るのは「トリプル・スリー(3割30本塁打30盗塁)」を達成した元カープ野村謙二郎氏(※1)。走攻守3拍子が揃った名内野手は、学生時代に活躍した神宮から東京ドームへ場所を移しても躍動した。

 嘘か本当か、「絶好調男」中畑清氏(元巨人、元横浜監督※2)はいつものノリでこう語った。

「面白い話がある。“ひげ”の斎藤明雄(元大洋、先発、リリーフで活躍した)。アマ時代から抑えられて、プロでも最初そうで、嫌な投手だった。それで俺が選手会会長になって、斎藤が副会長になってから立場が逆転。最初の頃は、俺が打席に入ったら『1死取れる』ってマウンド上でクスクス笑ってたんだよ。環境変わったら、素直に打ちやすい良いボールを投げるようになった。それからは大好き。今でも本当に仲が良いしね」

「後楽園でプレーした時間が長いのかな。春や秋は寒いし、夏は本当に暑かった。だから東京ドームができた時は感動したよ。本当に快適だったしね」

「佐々木さんのフォークは反則」「松井秀喜との対戦は面白かった」

「クセ者」と呼ばれ、強豪・巨人に欠かせない選手であった元木大介氏(*3)は当時の対戦に想いを馳せた。

「中日が嫌だった。チーム自体として本当に強かった。常に優勝争いをしたような気がする。投手では“大魔神”佐々木さん(主浩・元横浜)が打てなかった。あのフォークボールは反則ですよ(笑)」

「僕のプロ野球人生はやっぱりここ。巨人が好きで入団したわけだから、ここでプレーすることに憧れみたいなものもあったね。引退も比較的早かったけど、ここの雰囲気は今でも忘れないね」

 現在でもカープ歴代屈指の名捕手として名高い西山秀二氏(※4)は「ID野球」の凄みを思い出していた。

「ヤクルトがしつこかった。ノムさん(野村克也氏)の戦術が徹底しているし、ちょっと配球が偏ると攻め込まれた。常に読まれていたので、気にしなくてはならなかった。あとは純粋に松井秀喜(元巨人、ヤンキース)とかは対戦して面白かった。天才的な打者より配球を読んで来る打者が対戦して面白い。松井なんて一球ごとにそうだった」

「選手生活の晩年は巨人で過ごした。ここを本拠地とするとは、最初は夢にも思わなかった。でも(広島)市民球場を知っているから、施設とか、本当に感動した」

 先発、リリーフの両方で80年代から90年代の常勝カープを支えて来た大野豊氏(※5)も感覚的に後楽園は好きな球場の一つだったという。

「印象に残っているのは原君(辰徳)かな。彼の引退試合(95年10月8日)でも投げさせてもらったし、彼がファールを打って手首を骨折した(86年9月24日)のもここ(=後楽園)だったよね。あれは衝撃的だった。うちの投手は津田(恒実=享年32歳、60〜93年)だったというのも本当に印象深い」

「僕の投球フォームは、一瞬、上を向いて投げるような感じ。だから傾斜が比較的高いここのマウンドは向いていたようなイメージがある。変化球もよく決まったしね。(広島)市民球場の次くらいに印象が残っているかもしれない」

 身体がちぎれるくらいの「フルスイング」が代名詞。「いてまえ打線」と言えば、中村紀洋氏(※6)だ。

「松坂大輔(ソフトバンク)との対戦は楽しかった。あとは黒木(知宏)や清水直行とかのロッテ勢。単純に勝負ができたというかね。打てた時は本当にうれしかったし、抑えられたら悔しかった。そういう投手と巡り会えて良かった」

「当時はファイターズもここを本拠地としていたのでよくやった記憶がある。どこまでも飛ぶような場外本塁打も良いけど、ここで看板に当てる大きな打球を打撃練習とかで飛ばすのも楽しかったね」

打倒・巨人への思い、バース氏「対戦するのは本当にタフだった」

 そしてどのチームも「打倒・巨人」で向かって行った時代。多くの選手たちは特別な想いを持って、巨人戦のフィールドに立っていた。

「巨人のバッテリーから盗塁をするのは快感でした。強いチーム相手に実力を発揮するという意味でも気持ち良かった。当時のうち(=大洋)は本塁打がパカパカ打てるような打線ではないし、決して強くなかったから……」

「人工芝だったし走りやすかったイメージがある。後楽園の時は芝足も短かったからね。東京ドームになって芝足が伸びた時には、少し違う感覚があったけど、スパイクなども改良して対応したね」

 そう語るのは「スーパーカートリオ」として一世を風靡した屋鋪要氏(※7)。その後、屋鋪氏自身が巨人でプレーし、日本シリーズで流れを左右するファインプレーをした(94年10月23日の対西武、東京ドーム)というのも面白い。

 そして「伝統の一戦・阪神vs巨人」。最近は求心力も以前ほどではないが、やはりこの対戦には胸踊らざるをえない。この男である、ランディ・バース氏(※8)。

「日本で対戦したのは素晴らしいチームばかり。でも巨人との対戦はやっぱり特別なものがあった。もちろん投手もそう。槙原(寛己)なんて若い頃から本当にスゴかった。江川(卓)も西本(聖)もいた。他の巨人の投手も特別な投手だったので、対戦するのは本当にタフだった」

「まだ来日した時は僕自身も若かったから、とにかく毎日、いろいろなことを勉強して試合に臨んだ。今でもバックスクリーン3連発のことを聞かれるけど、やっぱり巨人戦、しかも甲子園だったからだと思う」

「(後楽園で)江川から場外に打ったのは記憶に残っている。甲子園では場外なんて打てないけど、後楽園だったからというのもある(笑)。でも場外なんてなかなか打てないから、それも、今では本当に良い思い出だよ」

 スター選手たちがかなでる「名勝負」の数々。力や技のぶつかりあいに我々は常に酔わされ続ける。選手だけではない。そこには「球場」という舞台の重要性もあることを忘れてはいけない。年に1度の「ビールの祭典」は、野球の素晴らしさを様々な方向から改めて感じさせてくれる。

※1:野村謙二郎(元広島)
右投両打。NPB通算1927試合出場、7095打数2020安打、169本塁打、765打点、250盗塁。

※2:中畑清(元巨人)
右投右打。NPB通算1248試合出場、4838打数1294安打、171本塁打、621打点。

※3:元木大介(元巨人)
右投右打。NPB通算1205試合出場、3397打数891安打、66本塁打、378打点。

※4:西山秀二(元南海、広島、巨人)
右投右打。NPB捕手通算1145試合出場、守備率.995、盗塁阻止率.374。ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞2回。

※5:大野豊(元広島)
左投左打。NPB通算707試合出場、148勝100敗138セーブ、防御率2.90。

※6:中村紀洋(元近鉄、オリックス、中日、楽天、横浜)
右投右打。NPB通算2267試合出場、7890打数2101安打、404本塁打、1348打点。

※7:屋鋪要(元大洋、巨人)
右投両打。NPB通算1628試合出場、4263打数1146安打、58本塁打、375打点、327盗塁。

※8:ランディ・バース(元阪神)
右投左打。NPB通算614試合出場、2208打数743安打、202本塁打、486打点。三冠王2回(85、86)(山岡則夫 / Norio Yamaoka)

山岡則夫 プロフィール
 1972年島根県出身。千葉大学卒業後、アパレル会社勤務などを経て01年にInnings,Co.を設立、雑誌Ballpark Time!を発刊。現在はBallparkレーベルとして様々な書籍、雑誌を企画、製作するほか、多くの雑誌やホームページに寄稿している。最新刊は「岩隈久志のピッチングバイブル」、「躍進する広島カープを支える選手たち」(株式会社舵社)。Ballpark Time!オフィシャルページ(http://www.ballparktime.com)にて取材日記を定期的に更新中。

関連記事(外部サイト)