前田健太は“当落選上” ドジャースのプレーオフ先発ローテ“4番手”は?

前田健太は“当落選上” ドジャースのプレーオフ先発ローテ“4番手”は?

ドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

今季最高勝率を誇るドジャース、プレーオフのローテにも注目集まる

 今季ここまでメジャー最高の勝率.713を誇るドジャース。豊富な選手層を擁しながらシーズン途中に次々と新戦力を補強しており、1988年以来となるワールドシリーズ制覇に向けてファンの期待も高まっている。

 そんな中、ドジャースに関して現地で話題となっているテーマの一つがポストシーズンでの投手の起用法だ。今回、米スポーツ専門メディア「ファンラグスポーツ」が「ポストシーズンのドジャースの4番目の先発投手は誰だ?」と特集。前田健太投手も候補の一人として挙げられている。

 今季メジャーNO1のチーム防御率3.12を誇るドジャースについて、記事では「彼らのローテーションのトップ、クレイトン・カーショー、ユウ・ダルビッシュ、アレックス・ウッドはケンリー・ジャンセン、ペドロ・バエズ、ジョシュ・フィールズのブルペンと同じぐらい強力」と言及。地区シリーズの先発ローテは上記の3投手を予想しつつ、「本当の疑問、それは誰が4戦目で投げるのかだ」と注目している。

 3勝したチームが勝ち抜ける地区シリーズでは同一チームが3連勝しない場合、4人目の先発投手がマウンドに立つ。記事では今年のドジャースでは4番目の候補ですら激しい争いとなるとしつつ、その候補となる3投手を分析。その最初に前田の名前を挙げている。

前田は現状「ブルペン行きが現実的」?

 日本人右腕に関しては、この2シーズンで「いい投球を見せている」と評しつつ、昨季のポストシーズンで3試合に先発し、0勝1敗、防御率6.75だったことを紹介。今季徐々に調子を上げてきたことを認めつつも、早い段階で降板する試合が多いことに触れ、「現時点ではポストシーズンでブルペン行きとなることが大いに現実的だ」と予想している。

 そのほか、挙げているのは韓国人左腕の柳賢振、37歳のベテラン左腕リッチ・ヒルの2投手。ここまで柳は19登板で4勝6敗ながら防御率3.45、ヒルは18登板で9勝4敗、防御率3.54を記録しており、記事では「現時点ではドジャースは4人目の先発をヒルで臨むことが得策だろう。彼は最高の空振り三振を奪うポテンシャルを持っており、3人の候補者の中で最高のボールを持っている」と指摘している。

 前田は7月7日のロイヤルズ戦以降、自身5連勝をマークしていたが、20日(日本時間21日)の敵地タイガース戦では6回5安打4失点で5敗目(11勝)を喫した。5回までパーフェクト投球を見せながらも6回に突如崩れての黒星だった。

 それでもオールスター前の16登板(14先発)7勝4敗、防御率4.38に対して、オールスター以降は6登板4勝1敗、防御率2.70と、調子を上げてきたのは確か(通算では22登板で11勝5敗、防御率3.88)。この日、1か月半ぶりとなる黒星を喫したが、終盤戦の投球で首脳陣の信頼をつかめるか。ダルビッシュとともにドジャースを牽引する投球に期待したい。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)