「福岡発 売り子名鑑」ホークス知識量“NO1”!?「売り子の誰よりも詳しい」

「福岡発 売り子名鑑」ホークス知識量“NO1”!?「売り子の誰よりも詳しい」

アサヒビールの「Hana」さん【写真:福谷佑介】

売り子に熱中、「この仕事が大好きなんです」

 球場の新たなエンターテインメントとなっている「売り子」。美女どころといわれる福岡のヤフオクドームで働くアサヒビール、キリンビールの両メーカーの売り子を不定期連載で紹介している「福岡発 売り子名鑑」の第25回をお届けする。これまでに紹介した売り子も含めてお気に入りの1人を見つけ、スタジアムでの楽しみの1つとなれば、幸いだ。

 今回は、アサヒビールの「Hana」さん、だ。

 中学、高校とマーチングバンドと吹奏楽に心血を注いできた「Hana」さん。ホルン、トランペットを担当し、全国大会にも何度も出場。中学時代は全国3位、高校時代も全国金賞に輝いた実績を持つ。

 そんな彼女は、根っからの鷹党だった。長崎県出身だが、親戚がヤフオクドームの近くに住んでおり、年間シートを持っていた。「チケットに余りがあると『見に来る?』と呼んでくれて。その度に長崎から家族みんなで福岡に見にきていました」。片道2時間以上かけて何度もヤフオクドームに応援に駆けつけるホークスファン一家で育った。

 部活に忙しかった中学、高校時代も、年に5日あるかないかの休日には、ヤフオクドームで試合観戦。その時にスタンドにいる売り子に目を奪われた。「売り子さんがテレビに出たり、目立つ時代になって、球場で見るたびに、いいなぁって思っていたんです。高校を卒業したら、絶対に売り子をやろうと心に決めていました」。これが売り子に挑戦するキッカケだった。

誰よりもホークスに詳しい自負

 高校を卒業すると、すぐさま売り子に応募。「(ホークスオフィシャルダンス&パフォーマンスチームの)ハニーズもいいなって思っていたんですけど、ホークスのファンの人たちは本当に優しい人ばかりで、ファンの人たちと一緒に盛り上がる、その空間の中で出来る仕事をしたいなと」。

 入学した看護学校は体調を崩して辞めてしまったが、「売り子だけは絶対にやめたくなかった」。学校を辞めた後も、戻った地元の長崎から「月に2、3回は、友達の家に泊めてもらったりして、ドームに通っていました」。

 今季で2年目となった売り子の世界。始めた当初は「全く売れる杯数とかは考えていなくて、ただホークスをファンの方と一緒に応援しようという感じで入ったんです。それで興味を持ってくれる方もいましたけど、全く売れませんでした」といい、「さすがにこれじゃダメだな、と思いました。自分も楽しみながら出来る方法を自分の中で探していきました」。

 そこで考えたのは、自分の売りを最大限に出すことだった。売り子の中で誰よりもホークスに詳しい自負がある。

「ファンの人とコミュニケーションを取るのが好きで、私はほぼホークスの話しかしません。毎日、新聞やテレビのニュースを見て、ホークスの情報も調べて、いくつかその日の話のタネになりそうなものを必ず用意していきます」。

熱烈なファンとの触れ合う楽しさ「ライトスタンドには話をわかってくれる人が多い」

 主に右翼外野席と一塁側内野席で売っており、基本的にはホークスファンが陣取るエリア。「やっぱりライトスタンドには話をわかってくれる人が多いですね。それを考えるようになって、買っていただける人も増えました」。

 今は学校などには通っておらず、売り子1本の生活を送っている。「売り子を超えるものがないほどに楽しくて、この仕事が大好きなんです。シーズンが終わってしまったら、どうしようかなと思うほどです」と熱中している。さらには「売り子が終わったら、今度はホークスの応援団に入ってトランペットを吹きたいなと思っています」と一風変わった未来も思い描いている。

「野球選手のような体が大きくて、男らしい男性がタイプですね。“ザ・男”みたいな人がいいです」という「Hana」さんは「私にはホークストークが1番効きます。売り子の誰よりも詳しいと思います」という。本多雄一のファンで、常にホークスのタオルを身につけているのが目印だ。

「ホークスの熱狂的なファンの方にどんどん話しかけてもらいたいです。ビールを買っていただかなくても構いません。ホークスの話題で是非話しかけてください」

———————————————-

 ソフトバンクでは8月12日の日本ハム戦(ヤフオクD)より、アサヒビール、キリンビール両メーカーで選ばれた10人ずつがカードとなった「売り子カード」の第2弾が登場。メンバーも一新され、今回からは私服ショットも追加された。1セット10枚綴りのビール回数券(7000円)を購入すると「売り子カード」1枚をゲット出来る。詳しくはソフトバンクホークス公式HP(http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/00000705.html)で。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)