田中将大、契約破棄で好条件の契約は可能か NY紙特集「価値はいくら?」

田中将大、契約破棄で好条件の契約は可能か NY紙特集「価値はいくら?」

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

今季苦しむ田中、更なる好条件の可能性は… 米関係者「平均年俸は絶対無理」

 右肩の炎症で故障者リスト(DL)入りしていたヤンキースの田中将大投手は、22日(日本時間23日)の敵地タイガース戦で復帰する。ルイス・セベリーノ投手、アーロン・ジャッジ外野手といった若手の活躍でワイルドカードでのプレーオフ進出圏内につける名門だが、田中は日米通じて初の2桁黒星を喫するなど8勝10敗、防御率4.92と苦しいシーズンとなっている。

 2014年に7年総額1億5500万ドル(約169億円)の超大型契約でヤンキースに加入した田中は、4年目の今季終了後に契約を破棄してフリーエージェント(FA)になれる「オプトアウト」の権利を有している。では、田中がFAを選択した場合、残りの3年総額6700万ドル(約73億円)以上の契約を手にすることはできるのか。地元紙「ニューヨーク・ポスト」が「タナカの価値はおいくら? MLB幹部が6700万ドルの謎に踏み込む」と特集している。

 乱高下を繰り返す今季の田中について、ニューヨークメディアは辛辣な視線を注いでいる。2014年に楽天からヤンキースにポスティングシステム(入札制度)を経てやってきたエースは、今季限りでオプトアウトし、FA市場に打って出る条項を契約に盛り込んでいる。

「チームのことはいつも最優先です。このチームのためにプレーしているわけですから。自分のできる限り最高の貢献をしたい。でも、実際のところ、今季はアップダウンが続いていますから。この事実には向き合わないといけません。自分の調子を取り戻して、活躍し始めることが大事。それが自分がやろうとしていることです」

 20日(同21日)の敵地レッドソックス戦の試合前、キャッチボールを終えた後に取材対応した田中は、今季終了後の去就についての質問に通訳を介してこう語ったという。

MLB球団幹部の見方は…「彼のオプトアウトは想像が難しい」

 常に、自身の去就よりも、チームの勝利に貢献することに全力を傾ける田中。ただ、今季の防御率4.92はキャリアワーストと苦しんでおり、肩の炎症でDLにも入った。来季以降、3年総額6700万ドルの契約を残しているが、シーズン終盤に好投した場合、FAとなって更なる好条件を手にできるのか。記事によると、ライバル球団の幹部は否定的な視線を送っている。

「年俸総額なら可能かもしれない。だが、(ヤンキースとの)平均年俸(2233万ドル=約24億4000万円))を手にできるかは疑問だ。私はオプトアウトしない方にかけるよ。でも、それでも推測だからね」

 FAとして3年以上の長期契約を結んだ場合、6700万ドル以上の総額を手にできる可能性もあるが、単年2233万ドルの年俸を手にできるかは疑わしいと分析したという。一方で、ある代理人は「平均年俸は絶対に無理だ。年俸総額でも今以上の金額を手にできるかもわからない」と語り、総額でも6700万ドルには届かないという厳しい視線を送っていると、同紙は伝えている。

 また、他のメジャー球団幹部は「残り3年間で田中がさらなる年俸を狙うかどうか疑問だ。一番大きな要因はどれだけその球団でプレーしたいか、だと思う。彼のオプトアウトは想像が難しい」とも話したという。

 田中については現時点でオプトアウトしても、ヤンキースでの契約を超えるものは手にできないという見解が主流のようだ。ポストシーズンを含めた残りの試合で圧巻のピッチング(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)