ソフトB和田、約4か月ぶり1軍合流「こんな感じですね」 27日ロッテ戦先発へ

ソフトB和田、約4か月ぶり1軍合流「こんな感じですね」 27日ロッテ戦先発へ

ソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】

左肘の遊離軟骨除去手術も想定以上の回復

 ソフトバンクの和田毅投手が22日の西武戦(ヤフオクD)で、4月11日に登録を抹消されて以来、約4か月ぶりに1軍に合流。他の投手陣とともに、キャッチボールなどで練習を行った左腕は27日のロッテ戦(ヤフオクD)で先発する予定。久々の1軍合流に「こんな感じですね」と話した。

 5回2失点で2勝目をあげた4月7日の西武戦(メットライフD)後に、左肘の張りを訴えて出場選手登録を抹消された和田。リハビリ組で状態の回復を待ったが、状態は一進一退だったため、5月22日に左肘の張りの原因となっていた遊離軟骨を除去する手術を受けた。

 術後の診断では全治3か月とされて今季中に復帰出来るか微妙な状況だったが、想定以上の回復ぶりを見せた。8月12日のウエスタンリーグ広島戦(タマスタ筑後)で実戦復帰し、8月19日の同中日戦(タマスタ筑後)で復帰2戦目のマウンドに上がった。中日戦は初回、2回に6安打されて3失点したが、3回以降は本来の姿を取り戻して打者10人から7個の三振を奪っていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)