【MLB】メジャーNO1遊撃手が驚愕の行動に…実況「なぜグラブを使わないんだ?」

【MLB】メジャーNO1遊撃手が驚愕の行動に…実況「なぜグラブを使わないんだ?」

エンゼルスのアンドレルトン・シモンズ【写真:Getty Images】

外野手からの内野返球をまさかの素手キャッチ

 超美技を連発してファンの目を楽しませているエンゼルスの正遊撃手アンドレルトン・シモンズが、またまた魅せた。21日(日本時間22日)に本拠地でのレンジャーズ戦で、驚愕の素手キャッチを披露したのだが、キャッチしたのは打球ではなかった。

 1-1の同点で迎えた3回表。打席に立ったレンジャーズのチリーノスが、鋭い打球を左翼線に運んだ。エンゼルスの左翼メイビンは打球を捕るとすぐさま内野へ返球。ここで中継に入ったのが、遊撃シモンズだった。二塁のベースカバーに入ったコワートとメイビンの間に位置取ったシモンズは、メイビンからの返球をグラブを使わずに素手でキャッチ。振り向きざまに一塁へ送球しようとしたが、チリーノスがすでに一塁ベースを回ったのを見留め、投げずにとどまった。

 試合の中継をしていたエンゼルスの実況は、シモンズの素手キャッチを見ると、たまらず大笑い。「シンバ(シモンズの愛称)が素手キャッチです」と伝えた後も笑いが止まらず、ついには「なぜグラブを使わないんだ?」と誰もが抱く疑問が思わず口をついて出た。

 これに答えたのが、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」のツイッター。このプレーの動画と共に「ノー、アンドレルトンにグラブは要らない」という一文を添えた。

 もちろん、ファンからも驚きの声が溢れた。「プラチナムハンド」「おぉ」といった声と共に、「これはえげつない。若き日のオマーだ」と、守備の名手として知られる現タイガース一塁コーチのオマー・ビスケルを引き合いに出し、称賛するコメントもあった。

 次から次に驚きのパフォーマンスを披露するシモンズ。まだまだ開けていない引き出しの数は多そうだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)