バンデンハークに5戦5敗、自力V消滅の西武・辻監督「そりゃ苦しいよ」

バンデンハークに5戦5敗、自力V消滅の西武・辻監督「そりゃ苦しいよ」

西武・辻発彦監督【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

天敵相手に7回2安打10Kに封じられ「そりゃ凄いって」

 西武は自力優勝が消滅した。22日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。打線がわずか2安打に終わって1点も奪えずに完敗。首位とのゲーム差を詰める直接対決だったが、逆に9ゲーム差に広がってしまった。

「あのマウンドの高さから2メートル級が投げてくると、そりゃ凄いって。低めどうかなっていうところがストライクになって、高めでやられる」と、辻発彦監督は、この日の打線を振り返った。初回に2死一、二塁のチャンスを作るも、森が空振り三振。4回2死二塁でも外崎が空振り三振に倒れ、右腕の前に7回まで10三振を喫した。

 先発のウルフは6回4安打2失点と好投。指揮官は「ウルフはよかったからね。よく投げた」と称えたものの、打線が見殺しに。ウルフの後を受けた武隈、誠が相次いで失点し、リードを広げられていった。

 今季、これで敵地のソフトバンク戦は1勝9敗に。バンデンハークの投げた試合は本拠地も含めて5戦5敗と、苦手意識は浮き彫となった。自力Vが消滅し、逆転優勝は厳しくなった辻監督は「(可能性は)ゼロじゃないから。普通に野球やってきたから分かるよ、そりゃ苦しいよ。もう負けられないって。明日の試合勝つように頑張るだけ」と話していた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)