花咲徳栄が春夏通じて甲子園初V! 広陵に10点差圧勝、埼玉県勢初の夏制覇

花咲徳栄が春夏通じて甲子園初V! 広陵に10点差圧勝、埼玉県勢初の夏制覇

埼玉代表・花咲徳栄が悲願の甲子園初優勝

花咲徳栄が5回に打者一巡の猛攻、16安打14点で広陵破る

 第99回全国高等学校野球選手権大会は23日、決勝戦が行われ、花咲徳栄(埼玉)が広陵(広島)を14-4で下して春夏通じて初の甲子園優勝を遂げた。打線が16安打で14点と爆発。投げては綱脇、清水の継投でリードを守った。埼玉県勢にとっては悲願の夏初制覇となった。

 どちらが勝っても初の夏制覇。その大一番で先手を取ったのは花咲徳栄だった。初回、いきなり連打で無死二、三塁の好機を作ると、3番・西川が中前に2点適時打を放ち、先取点を奪った。

 2回に広陵も反撃。ピッチャーの平元が2死二塁から右翼線にタイムリー二塁打を放って1点差としたが、花咲徳栄は3回2死二、三塁から須永がセンター前に2点適時打をマークして再び突き放した。

 その裏、広陵は大橋が2死二塁からセンターオーバーのタイムリー二塁打で2点に差を詰めたが、5回に花咲徳栄打線が打者一巡の猛攻を見せる。無死一、三塁のチャンスを作ると西川が右中間を破る2点三塁打。続く野村が左前適時打で7点目。その後、1死二塁から高井が右中間へタイムリー二塁打を放って追加点を挙げると、相手のエラーも絡んでさらに2点を追加。この回一挙6点でリードを8点に広げた。

 広陵はその裏に1点を返したが、花咲徳栄は直後の6回に1死二塁とすると野村がタイムリー。さらに2死から満塁とすると岩瀬のタイムリーなどで3点を追加した。その裏、広陵は山本がタイムリーを放ったが反撃もここまで。準決勝まで史上最多の6本塁打を放ったスラッガー中村は3安打を放ったものの、打線は12安打で4得点にとどまった。

 花咲徳栄は西川が3打数4打点と活躍するなど、16安打14点と打線が爆発。10点差をつけての圧勝で春夏通じて初の甲子園優勝を成し遂げた。一方、4度目の夏決勝で初優勝を狙った広陵はまたも大舞台で競り負けて4度目の準優勝となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)