2戦連続完封負け、西武・辻監督「いい投手は打てない。今日の石川は良かった」

2戦連続完封負け、西武・辻監督「いい投手は打てない。今日の石川は良かった」

西武・辻発彦監督【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

先発の岡本が炎上、「序盤にあれだけ点を取られると試合にはならない」

 西武が大敗で今季初の2戦連続零封負けを喫した。23日の敵地ソフトバンク戦。先発の岡本が2回までに6点を失って炎上。打線もソフトバンク先発の石川を打ち崩せず、わずか3安打に終わった。3連敗となった辻発彦監督は「序盤にあれだけ点を取られると試合にはならない」と険しい表情だった。

 岡本は初回に柳田に2ランを浴びて2点の先制を許すと、2回には2つの四球から3本の適時打を浴びるなど4失点。5回には松田に3ランを浴びて9失点でKOされた。今季7試合に先発して6勝負けなしだった右腕の炎上に、指揮官は「ちょっと慎重になりすぎたね。ストライク先行していかなきゃいけないんだけど、ボール、ボールとなった。ちょっと大胆にいかないと」と、慎重になり過ぎたバッテリーに苦言を呈した。

 わずか3安打で、今季初となる2試合連続の零封負けを喫した打線については「まあそういうこともあるよ。いいピッチャーは打てないって。今日の石川は良かった。変化球がカーブでも、スライダーでも、もうちょっと荒れるはずなんだけど、今日はストライクを取れていた」と淡々。「打つ方も大胆さがなくなっていったり、らしくないところがあった。もっともっと積極的に、明日からはね」と話し、次戦での打線の奮起を期待していた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)