イチロー132M決勝弾に敵地実況驚嘆も解説冷静「大当たり連発するんですよ」

イチロー132M決勝弾に敵地実況驚嘆も解説冷静「大当たり連発するんですよ」

右中間スタンド最深部に代打決勝弾を放ったマーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

キャリア2度目の代打本塁打を放ったイチロー

 22日(日本時間23日)の敵地でのフィリーズ戦で代打で決勝3ランを放ったマーリンズ・イチロー外野手に敵地メディアからも驚嘆の声が上がっている。

 43歳のベテランはこの日のダブルヘッダーの1戦目に代打で登場。3-3で迎えた7回1死一、二塁で相手先発ノラの5球目、92マイル(約148キロ)のツーシームを強振し、右翼席へ勝ち越しの3ランを運んだ。イチローはこれで今季の代打安打が21本目となり、ロス・グロードが持つ球団最多記録に並んだ。

 MLBのデータ解析システム「スタッツキャスト」によると、飛距離は432フィート(約132メートル)を計測。この一発に、敵地フィラデルフィアで試合を中継した米メディア「CSN」の実況も「右中間に飛んだ。これはいい当たりだ。これは飛んだ。このボールが入った!フィリーズのブルペンにイチローがたたき込みました。今季初の代打本塁打です」と大興奮だった。

 同日を解説を務めたオールスター3度出場のジョン・クルック氏は「イチローにあれはやってはいけません。3-1とカウントを悪くしました。あれだけヒットを打っている男は3ボール1ストライクからのファストボールを見逃しません」と指摘した。

本塁打直後の所作に「なんてクール」「アメージング」

 また、実況が「キャリア117本目のホームランです。正直驚きです。キャリアのこの時点でホームランを打つんですから……。これは今季3号です。432フィートと算出されてます。これはサプライズだ」と驚嘆すると、クルック氏は冷静に持論を展開。「どの試合の放送でも言っている気がしますが、彼の打撃練習を見ていれば、次から次へと大当たりを連発するんですよ」とイチローの代打本塁打に驚いた様子を見せなかった。

 マーリンズのダグアウトもイチローの強烈な一発に一気に盛り上がったが、当の本人はチームメートとのタッチを淡々とこなしながら、引き締まった表情を変えなかった。

 ベンチに深く腰掛けると、表情を変えずにサングラスをかけたイチローの所作にクルック氏は思わず「なんてクールで、冷静なんだ」と一言。実況も「アメージングだ」とつぶやき、3ランにもクールな姿勢を貫き通したベテランの流儀に感嘆した。

 イチローの代打本塁打は昨年9月6日のフィリーズ戦以来、自身2度目。43歳は代打での出場が続く中でも勝負強い打撃でチームの勝利に貢献している。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)