堂々デビューの鷹3年目・笠谷 工藤監督が見る左腕の“良さ”とは

堂々デビューの鷹3年目・笠谷 工藤監督が見る左腕の“良さ”とは

ソフトバンク・笠谷俊介【写真:藤浦一都】

左腕の堂々デビューに工藤監督も高評価

 堂々のプロデビューを飾った。ソフトバンクの3年目左腕・笠谷俊介投手。23日の西武戦(ヤフオクD)。9点の大量リードを奪うと、8回からマウンドに上がり、2イニングを無安打無失点。点差があったとはいえ、浅村や山川といった強力西武打線の打者から三振を奪う投球は、デビュー戦としては上々だっただろう。

 大分商業高校から2014年のドラフト4位でソフトバンクに入団した笠谷。身長173センチと小柄な左腕の良さは、どこにあるのだろうか。

 この日の投球を見て「36年前を思い出した」と自らのデビュー戦と重ね合わせた工藤公康監督。通算224勝を誇る名投手だった指揮官は、この左腕の良さをどこに見たのだろうか。 

「低めに集まっている。変化球も、真っ直ぐもね。低めに投げることを、意識してやってきたというのが分かる。ストレートの回転の良さを持っているし、いいところをどんどん伸ばしていけるようにやって欲しいと思いますね」

低めに糸を引くような軌道描くストレート

 この日の最速は145キロと、自己最速の149キロには届かなかったものの、左腕から繰り出される真っ直ぐは低めに糸を引くような軌道を描く。浅村が2球連続で真っ直ぐを空振りしているように、ストレートの切れ味は相当なものがある。低めへの制球力、そしてストレートのキレが、指揮官の評価する笠谷の武器。入団時に憧れ、フォームを真似ていた杉内や、1月の自主トレで弟子入りした和田のようなタイプだろう。

「僕も初三振は今でも覚えているくらい残る。いい思い出、いい経験になったと思う。楽しみですし、この2年間苦しんできた。その中で体を作ってやってくるというのは大変だったと思う」

 左肘の故障を繰り返し、リハビリ組の生活が長かった笠谷の苦労を慮った工藤監督。指揮官の期待通りに、大きく成長する左腕の姿が楽しみである。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)