復帰後初安打のホークス本多、二塁スタメン争いへ「1試合ごとに強い気持ちで」

復帰後初安打のホークス本多、二塁スタメン争いへ「1試合ごとに強い気持ちで」

ソフトバンク・本多雄一【写真:藤浦一都】

連日の打点&復帰後初ヒット、「ホッとしているが、また切り替えて」

 23日、ヤフオクドームのお立ち台に“ポンちゃんスマイル”が帰ってきた。チームの3点目を復帰初ヒットで叩き出した本多雄一は、開幕戦以来となるお立ち台で「ここに立ててうれしい」と満面の笑顔を見せた。

 前日の22日に1軍に復帰した本多は、その日に即スタメンで出場して内野ゴロで先制点を叩き出した。そして、復帰2試合目となる23日は最初の打席で右中間へのタイムリー二塁打。復帰後2日連続で打点をマークしてチームの勝利に貢献した。

「打ったのはスライダーだと思うが、(内に)入ってくる球を意識して打席に入り、とらえることができた。自分でも納得のいく打席だった。後の打席でヒットは打てなかったが、打ってはいけないボールには手を出していないだけよかったと思う。ヒットが出てホッとしているが、また明日、切り替えてやるしかない」

 2軍にいる間も1軍の試合をテレビで見ながら、1軍での試合で戦う自分を常にイメージしてきた。

二塁のスタメンを争う立場も「チームの方針に従うだけ」

「(1軍に)上がってきて思ったのは、ベンチに元気もあるし、ちゃんと打線になっているということ。打線になっていないと接戦はものにできない。ボクが上がってきてまだ接戦になっていないが、いつ接戦になるかと思うとドキドキする」と笑った本多。タイムリー後は三塁に進み、今宮健太の浅めの犠飛でタッチアップ。5点目のホームを踏んだ。

「秋山(翔吾)くんが走りながらのキャッチだったので、間一髪になるかなと思った」と振り返ったが、相手も本多の足ということが頭にあってか最初から本塁への送球を諦めていたように見えた。

 現状では明石健志、川島慶三、高田知季と二塁のスタメンを争う立場にあるが、本多は「チームの方針に従うだけ」ときっぱり。ただ「個人的には、結果を残してセカンドで使ってもらえるように1試合ごとに強い気持ちで臨んでいく」と、ライバルたちに負けない意志を示した。楽天、西武とのゲーム差はさらに開いたとはいえ、この先は本多の高い経験値を必要とする試合がまだまだ待ち受けているはずだ。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)