ロッテ伊東監督が評価した田村のリード「進歩だ」

ロッテ伊東監督が評価した田村のリード「進歩だ」

ロッテ・田村龍弘【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

伊東監督「いかにボール球を使うか」

 ロッテは23日の楽天戦に初回の4点が物を言って5-3で勝って連敗を3で止め、借金40を阻止した。22日に石川が6失点を喫した際に伊東監督は田村のリードに「配球が完全にダメ」と厳しく指摘したが、この日は一転して評価した。

 制球に苦しむスタンリッジを何とかリードし、7回までペゲーロの2ランの2失点でしのいだ。5-2の8回、3番手の大谷は2死からカットボールが甘くなり、聖澤、藤田、代打桝田の3連打で2点差とされなお二、三塁。ここで3安打していた茂木を迎えた。

 大谷と田村はこの場面で3球連続カーブで裏をかき、空振り三振で大ピンチを切り抜けた。「あそこはよくカーブを続けた。進歩だ。勇気がいった選択だったと思うが、同じケースで思い出してくれたらいい。ストライクゾーンで勝負するのではなく、いかにボール球を使うか。打者心理も勉強してほしい」と伊東監督。バッテリーを含めて、少しでも来季に繋がる成長を期待していた。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

関連記事(外部サイト)