菊池雄星、17度目の正直なるか…未勝利ホークス戦でチームの命運懸け先発

菊池雄星、17度目の正直なるか…未勝利ホークス戦でチームの命運懸け先発

西武・菊池雄星【写真:編集部】

ここまでソフトバンク戦に16度先発し、0勝11敗

 3度目の正直どころじゃない。“17度目の正直”はなるだろうか。

 西武の菊池雄星投手が、24日のソフトバンク戦(ヤフオクD)で先発する。プロ8年目。今度こそ、ソフトバンクからの初勝利を掴むことはできるだろうか。

 不名誉な記録を、そろそろストップさせたい。09年のドラフト1位で花巻東高校から西武に入団した菊池。1軍デビューを飾った2011年から今季まで、ソフトバンク戦は大の苦手、鬼門中の鬼門となっている。

 2011年9月15日、敵地ヤフードーム(現ヤフオクドーム)で、ソフトバンク戦に初めて先発した菊池は4回途中4失点でKOされた。そこから7年間、ソフトバンク戦では16試合に登板して、0勝11敗。いまだに未勝利が続いているのだ。

 今季は、すでに3度先発。4月7日のメットライフドームでは7回4失点(自責2)と先発の役割を果たしながらも、味方の援護に恵まれずに黒星。5月19日のメットライフでも、8回2失点と好投したが、味方打線が1点しか奪えず、またも黒星を喫した。

辻監督「雄星? 楽しみだね。ちょっと違うよ」

 6月23日のヤフオクドームでの先発では、3回途中7安打7失点と大炎上。150キロ超のストレートを誇る左腕だが、この日に限っては、約10キロほど遅い140キロそこそこしか出ずに、今季最短KOを食らった。今季、左腕が6回もたずに降板したのは、この1試合しかない。

 8月17日の楽天戦(メットライフ)では、9回を投げてわずか2安打で、今季3度目の完封勝利を収めた。今季ここまでは12勝5敗、防御率1.93と驚異的な数字をマーク。6回以上を投げて自責点3以下のクオリティースタート率は90%を誇り、本来の投球をすれば、いくらソフトバンク打線と言えども、簡単には攻略できないはずである。

 チームはソフトバンクに連敗し、首位とは10ゲーム差、2位楽天とも2.5ゲーム差へと広がった。2位浮上、さらには逆転での優勝を狙うには、もう負けられない一戦で、エースがマウンドに立つ。23日の試合後、辻発彦監督は「雄星? 楽しみだね。ちょっと違うよ」と左腕に期待を寄せた。17度目の対戦で“鷹恐怖症”の克服なるか。西武の今シーズンの行く末を占う一戦にもなりそうだ。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)