3回7失点KOの西武菊池、不正投球は言い訳にせず「今日に関しては力不足」

3回7失点KOの西武菊池、不正投球は言い訳にせず「今日に関しては力不足」

西武・菊池雄星【写真:編集部】

前回登板から修正図るも「また1週間で何とか改善しないといけない」

 西武の菊池雄星投手が、またしても天敵にやられた。24日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。プロ入りから16試合で0勝11敗だったソフトバンクと17度目の対戦となったが、初回の初球に二段モーションによる反則投球を宣告され、そこから2イニングで7失点。結局、3回7失点でKOされ、17度目の登板も敗戦。これで通算0勝12敗となった。

 試合後、菊池は「今日に関しては力不足。反則投球以前。前回(の楽天戦)は完封している中で、打たれたというのは、そこ(不正投球)は言い訳には出来ないですし、別問題と捉えている」と潔く完敗を認めた。

 初回先頭の川島に投じた初球。空振りを奪った真っ直ぐが、二段モーションによる不正投球と宣告された。

「チェックも厳しくなっているだろうし、取られるなら初球で取られるんだろうなと思っていた。取られたなら取られたで、切り替えてクイックで投げようとイメージしていたので、そこは本当に動揺もなかった」

 2球目からはクイックに切り替えて投げたが、ソフトバンク打線に捕まった。

 川島をストレートの四球で歩かせると、柳田に左翼フェンス直撃の適時二塁打。さらにデスパイネには2ランを浴び、初回に3点を失った。2回には高谷に左前適時打を浴び、今宮には3ランを被弾。2回までに7失点を喫し、3回終了後にマウンドを降りた。

ソフトバンク戦は17戦勝ち星なし「毎試合今日こそはと思ってやっている」

 不正投球宣告による動揺は否定した左腕。17日の楽天戦(メットライフ)も2回1死から2球連続で同じ宣告を受けた。この登板間は右足の上げ幅を小さくするように修正を施したが、審判団には認められず。「修正してきたつもりですけど、やっぱり昨日今日で作ってきたフォームではないので、取られるということはまだまだ足りなかったということ。また1週間で何とか改善しないといけないですね。言いたいことはいっぱいありますけど、我慢して前に進まないといけない。でも、今日に関しては力不足」と語った。

 17試合目の登板でも、勝てなかったソフトバンク戦。「毎試合今日こそはと思ってやっていますけど、2回続けて3回で降りているので……」と肩を落とした。

 2試合続けて、不正投球を取られた以上、より一層のフォーム修正も必要になる。「クイックになると、短い中で体全体を使って投げないと、いいボールはいかない。このままだと小さくなり続けるしかないと思うので、もう1回足をしっかり上げられるように修正していきたい」と菊池は話していた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)