なぜ今…フォーム変化は5月、菊池雄星の不正投球宣告に見る曖昧な判断基準

なぜ今…フォーム変化は5月、菊池雄星の不正投球宣告に見る曖昧な判断基準

西武・菊池雄星【写真:編集部】

シーズン終盤での不正投球宣告、佐藤塁審「4月からの映像を見ていますし、昔から思っていました」

 西武・菊池雄星投手の不正投球問題が物議を醸している。17日の楽天戦(メットライフ)で2球連続で二段モーションによる不正投球を宣告された左腕は、24日のソフトバンク戦(ヤフオクD)で投じた1球目でも、同様の不正投球を宣告された。

 これに対して、西武の辻発彦監督が怒りを露わにし、球団側は意見書を提出することにした。ファンの間でも、ある種の騒動となっている。この一連の流れ、一体どこに問題があるのだろうか。関係者の言葉から、それを検証してみたい。
 
 大前提として記しておきたいのは、菊池のフォームが二段モーションとして不正投球に該当することに対しては異論はない。実際に投球フォームを見れば、右足を引き上げる動きが二段になっているというのは、大多数の人が理解できる。これに対して審判が不正投球を宣告したことを否定するつもりはない。

 そこで浮かび上がってくる最大の問題は、なぜ今、シーズンも終盤に入ったこのタイミングで、突然、不正投球を取ったのか、ということではないだろうか。
 
 この日の責任審判だった佐藤一塁塁審は「4月からの映像を見ていますし、昔から思っていました。明らかに(フォームが)違う」と言う。確かにそれはその通りだ。開幕時と、今の菊池のフォームは変化している。

 今季の投球フォームを映像で振り返ってみると、開幕当時はフォームが止まったり、二段になるなどの動きはなく、一連の流れで投球動作を行なっている。もちろん審判団が直に投球をチェックしている春のキャンプも、このフォームということ。この段階では二段モーションには該当していない。

17日楽天戦では1球目ではなく、2回1死から不正投球宣告

 ところが、だ。ある時を境に、この右足を上げたところで動作が一旦止まり、もう一度右足を引き上げる動きをするようになっている。24日の試合後、土肥義弘投手コーチは「少なからず、5月からやってきたことはダメということになる」と言った。この言葉からも、今のフォームが5月から変化したものだと分かる。映像を見ると、その動きは、5月5日の楽天戦(メットライフ)から出ている。ここで佐藤塁審の「昔から思っていました。明らかに違う」という言葉が思い出される。

 菊池のフォームが変化したのは5月。果たして、そこから何か月が経っているのか。およそ3か月半である。この間、菊池は多少の変化はあるだろうが、同じようなフォームで投げてきた。右足の二段の動きも然り、である。審判団はその間、不正投球を宣告していない。注意や是正の勧告があったわけでもない。それは、そのフォームはルール内にあるものと容認していたということだろう。そこから3か月半が経って、突然、反則投球を言い渡されたのだから、菊池が17日の楽天戦後に「もう8月。なぜ今なのか」と言ったのも、頷ける。

 しかも、17日の楽天戦で2球連続で反則投球を宣告されたのは2回1死になってから、だ。もちろん、この時も、その場面で投球フォームが突如変わったわけではない。これまでと同じように、そして、この日も1球目から同じようなフォームで投げていた。そこにも、あまりに突然の感が拭えない。24日の試合後、審判団に説明を求めた鈴木葉留彦球団本部長は「(動きが)オーバーになった」との説明を受けたようだが、その基準はあまりに曖昧過ぎではないだろうか。
 
 物議がこれだけ広がったのは、2試合連続での宣告となった点にもあるが、ここでも疑問が沸く。それは、1度目に宣告された際に、審判団から「左腕のどの動きが不正投球に該当するか」の明確な説明がなかった点である。

佐藤塁審「右足に段がついている」土肥コーチ「初めて、そういう言葉が出てきた」

 24日の試合後に、佐藤塁審は「一連の動作ではなく、右足に段がついている」と、菊池のフォームにおいて、右足の動きが二段モーションに当たると説明した。だが、これを聞いた土肥コーチは「前回はその回答を得られていなかった。その回答が早かったら…。初めて、そういう言葉が出てきた」と語っており、17日の時点では明確な不正の理由説明がなかったことを伺わせた。もちろん、修正しきれなかった菊池にも少なからず落ち度はあるが、どこが問題なのか明確ではないままに修正するには限界がある。

 さらに言えば、不正投球や二段モーションに関する明確な基準が示されていない点も物議を醸した大きな要素だろう。菊池は不正投球に該当するが、では、他の投手はどうなのか。こういった疑問はこれから盛んに出てきてもおかしくない。辻発彦監督は「そんなんいっぱいいる」と話しており、“グレーゾーン”にある投手は他にもいるという認識を示している。菊池はダメなのに、この投手はなぜ大丈夫なのかーー。今後頻出しそうな問題に、明確かつ、菊池や辻監督含む誰もが納得する説明は存在するのだろうか。また、5月からの3か月半の菊池はなぜ不正投球を取られず、なぜ17日に突然取られるようになったか、の説明は、どうなるのだろう。
 
 菊池は言った。「昨日今日作り上げてきたフォームではない」と。投手のフォームは長い時間をかけて作り上げ、体に染み込ませてきたもので、とても繊細なものだ。それを修正することは一朝一夕に出来るわけもなく、一度崩れると、元の状態を取り戻すことが出来なくなることもある。過去にはボーク宣告から、調子を落としていった選手もいる。

 審判の宣告1つで、その選手のプロ野球人生が左右されることもある。だからこそ、明確で共通したジャッジの基準と、納得いく説明が必要ではないだろうか。それがないがしろにされれば、プレーとは無関係なところでファンは白けてしまう。この菊池の二段モーション問題が、野球界がより良い方向に向かうきっかけになってほしいものだ。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)