ドジャースが両リーグ90勝一番乗り、126試合消化で116勝ペースを維持

ドジャースが両リーグ90勝一番乗り、126試合消化で116勝ペースを維持

ドジャースのデーブ・ロバーツ監督【写真:Getty Images】

3本塁打を含む14安打5得点でパイレーツ下し、90勝目をマーク

 1988年以来のワールドシリーズ優勝を狙うドジャースが、24日(日本時間25日)に敵地でのパイレーツ戦に5-3で勝利し、両リーグ一番乗りとなる今季90勝目を挙げた。

 この日、先発マウンドに上がった左腕の柳が6回を4安打1失点と好投。すると、打線はホームランで援護した。4回にグランダーソンが移籍後3本目となる22号ソロで1点を勝ち越すと、8回にはグランダルが18号ソロ、ゴンザレスは2号ソロの2者連続アーチを放ち、勝利を確実なものとした。

 ドジャースは126試合を終えて90勝36敗。ここへ来ても、メジャーのシーズン最多勝利記録となる116勝に到達するペースは落ちることはない。

 25日(同26日)の本拠地ブルワーズ戦では前田健太投手、27日(同28日)の同戦ではダルビッシュ有投手が先発マウンドに上がり、チームを勝利に牽引する。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)