DeNAが史上4度目の同一カード3戦連続サヨナラ勝利、優勝争いに影響は?

DeNAが史上4度目の同一カード3戦連続サヨナラ勝利、優勝争いに影響は?

DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

大洋時代の1960年以来57年ぶりの偉業

 DeNAは、8月24日の広島戦に9番倉本の二塁内野安打でサヨナラ勝ち。同一カード3試合連続サヨナラ勝ちというNPBタイ記録を樹立し、本拠地ハマスタを盛り上げた。

 カードが異なる試合も含めた3試合連続サヨナラ勝ちは、今回を含めNPB史上では16回記録されている。

 DeNAも大洋ホエールズ時代の1960年6月26日のダブルヘッダー第2試合、国鉄(現ヤクルト)戦を5-4(川崎球場)、29日巨人戦のダブルヘッダー第1戦を2-1、第2試合を7-6(いずれも下関球場)で3試合連続サヨナラ勝ちを記録している。それ以来57年ぶりの記録だが、同一カード3連勝はチームとして今回が初めての記録だった。ちなみに、1960年の大洋は巨人に4.5ゲーム差をつけて優勝。日本シリーズでも大毎オリオンズを4タテを喰らわせて日本一に輝いている。

 広島の3試合連続サヨナラ負けは、2007年4月22日横浜(現DeNA)戦を3-4(横浜スタジアム)、24日中日戦を3-4、25日中日戦を3-4(いずれもナゴヤドーム)で落として以来10年ぶり。この年の広島は5位に終わった。首位にあるチームが3試合連続サヨナラ負けを喫したのはNPB史上初の出来事だ。

同一カードで3戦連続サヨナラ勝ちは史上4度

 同一カードで3試合連続サヨナラ勝ちは、今回の例も含めても史上わずか4度だけだ。

○1978年 ヤクルト 対中日
9月19日 9回6X-5(静岡県草薙球場)
 船田和英が左翼サヨナラソロ弾(投手・星野仙一)
9月20日 9回3X-2(神宮球場)
 杉浦亨が右中間逆転サヨナラ3点弾(投手・星野仙一)
9月21日 9回4X-3(神宮球場) 
 杉浦亨が左犠飛(投手・堂上照)

○1997年 日本ハム 対ダイエー(現ソフトバンク)
4月22日 9回7X-6(東京ドーム) 
 藤島誠剛が左翼逆転サヨナラ2点弾(投手・木村恵二)
4月23日 延長11回5X-4(東京ドーム) 
 田口昌徳が左前打(投手・岡本克道)
4月24日 延長10回6X-5(東京ドーム)  
 中日・落合博満が三ゴロ失策(投手・木村恵二)

○2008年 阪神 対ヤクルト
9月9日 9回3X-2(甲子園) 
 矢野輝弘が中堅サヨナラソロ弾(投手・押本健彦)
9月10日 9回4X-3(甲子園) 
 葛城育郎が満塁押し出し四球(投手・松岡健一)
9月11日 9回5X-4(甲子園)
 今岡誠が満塁押し出し四球(投手・林昌勇)

○2017年 DeNA 対広島
8月22日 9回6X-5(横浜スタジアム)
 宮崎敏郎が左翼ソロ本塁打(投手・今村猛)
8月23日 10回7X-6(横浜スタジアム)
 梶谷隆幸が右中間三塁打(投手・中田廉)
8月24日 9回5X-4(横浜スタジアム)
 倉本寿彦が二塁内野安打(投手・中ア翔太)

1978年ヤクルトは球団初のリーグ優勝と日本シリーズ制覇

 1978年のヤクルトは、この勢いを駆って初リーグ優勝と日本シリーズ制覇を遂げた。1997年の日本ハムは4位、2008年の阪神は2位だった。

 今年のDeNAの記録の中には、22日の「3者連続本塁打でサヨナラ勝ち」という史上初の派手な記録も含まれている。

 24日の敗戦で広島はマジックが消滅。23日には主軸の鈴木誠也が右足首を骨折し、長期離脱が決まった。広島にとっては踏んだり蹴ったりの3連戦だった。

 DeNAは25日から敵地・神宮でのヤクルト3連戦のため、4試合連続サヨナラ勝ちの記録更新はできない。

 現在、DeNAは首位とは10ゲーム差の3位だが、この劇的なスイープが、セ・リーグの優勝戦線にどんな波乱を呼ぶのか。ペナントレースから、まだまだ目が離せない。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)