楽天、3失策で4連敗 オコエが反撃弾、則本は今季最多144球力投も…

楽天、3失策で4連敗 オコエが反撃弾、則本は今季最多144球力投も…

1点差に迫る2号ソロを放ったオコエ瑠偉【写真:(C)PLM】

則本は8回5失点自責1で5敗目、打線は9回にオコエが追撃のソロ弾も…

 楽天は26日、本拠地での日本ハム戦に4-5で敗れ、4連敗を喫した。先発・則本が8回で今季最多144球の力投も、3失策の味方守備にも足を引っ張られて5安打5失点(自責1)で5敗目(11勝)。打線は初回に3点を奪ってからは得点できずに敗れた。日本ハムは初回に大谷のタイムリーで先制すると、同点の5回には松本が決勝だ。3連勝を飾った。

 初回、日本ハムは先頭の西川が楽天・銀次のエラーで出塁。松本がヒットでつなぐと、大谷が先制のタイムリーを放った。さらに、中田の遊ゴロを茂木がトンネル。この回2つ目の失策で追加点をもぎ取る。大田泰のニゴロでも1点を加え、則本から3点を奪った。

 しかし、楽天打線はその裏、日本ハム先発・加藤から茂木のヒット、ウィーラーの四球、銀次の内野安打で2死満塁とすると、アマダーが2点タイムリー。さらに、松井稼の打球はレアードの失策で抜けて、同点とした。

 則本は2回から3回までは1安打投球。一方、加藤は毎回ヒットを許しながら、点を許さない。すると、日本ハムは5回に1死から西川の三塁打でチャンスを作り、松本がレフトへ勝ち越しのタイムリーツーベース。さらに、中田の遊ゴロを茂木が処理するも、一塁への送球がワンバウンドとなり、銀次が捕球できず。楽天にとっては、またも失策での失点となった。

 楽天は9回にオコエの本拠地初本塁打となる2号ソロで1点差に迫るも、追いつくことができず敗戦。8回まで投げ続けた則本に5敗目がつき、チームも4連敗となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)