ソフトB上林&柳田が衝撃のレーザー“連発” 1イニング2度の圧巻バックホーム

ソフトB上林&柳田が衝撃のレーザー“連発” 1イニング2度の圧巻バックホーム

圧巻送球を放った上林誠知【写真:(C)PLM】

ピンチでともに本塁へノーバウンドのストライク送球

 ソフトバンクの上林誠知外野手、柳田悠岐外野手が、驚異のレーザービーム2連発を披露した。26日のロッテ戦。2点ビハインドの6回、見事な2度のバックホーム返球で走者を刺した。

 この回、先発の千賀が鈴木、ペーニャに連続四球を与え、無死一、二塁のピンチを招くと、角中には一二塁間を破る右前安打を浴びた。二塁走者の鈴木は三塁を蹴って本塁へ突入。前進してきた上林はゴロを処理すると、ワンステップでホームへ返球。見事なノーバウンドのストライク送球で、鈴木を間一髪のところで刺した。審判団のリプレイ検証でも判定は覆らなかった。

 これだけで終わらない。2死一、二塁で福浦が放ったゴロは鋭いゴロで二遊間へ。ダイビングした遊撃・今宮のグラブの先をかすめて中前へと抜けた。方向を変え、右中間寄りに転がった打球に中堅・柳田が猛ダッシュ。体勢を崩しながら送った送球は、こちらもノーバウンドでの見事なストライク返球。本塁を狙ったペーニャをギリギリのところでアウトにした。2度のレーザービーム。ソフトバンクの守備力の高さを示していた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)