ロッテ今季初のソフトB戦勝ち越し&4連勝 一発攻勢で千賀を沈める

ロッテ今季初のソフトB戦勝ち越し&4連勝 一発攻勢で千賀を沈める

ロッテのウィリー・モー・ペーニャ【写真:(C)PLM】

今季限りで引退の井口には大歓声、ソフトBは上林&柳田が圧巻レーザー送球も…

 ロッテが2試合連続の首位叩きに成功した。25日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。角中、ペーニャの本塁打で3点を先行すると、先発・涌井ら投手陣が踏ん張ってリードを守り抜き、6-2で勝利した。最下位に沈むロッテだが、今季初めてソフトバンク戦でカード勝ち越しを決め、今季初の4連勝をマークした。

 一発攻勢で、ソフトバンク先発の千賀を沈めた。2回。四球で出塁した先頭のペーニャを一塁に置き、角中がフルカウントからの6球目を右翼席へ運ぶ4号2ラン。4回にはペーニャが、千賀の抜けたフォークを左翼スタンド上段に運ぶ7号ソロを放ってリードを3点とした。

 2点差となった8回3死二、三塁で、今季限りで現役を引退する井口が代打で登場。かつてダイエーに在籍していたこともあり、ロッテファン、ソフトバンクファン問わず、場内からは大歓声が上がった。井口は三塁へのゴロとなったが、これを松田が一塁へ悪送球。ロッテが2点を追加した。

 先発の涌井は4回、上林に12号ソロを許して1点こそ返されたものの、5回まで4安打1失点に抑えて4勝目をマーク。2番手・チェンが6回に連続四球で1死一、二塁のピンチを招いたが、3番手・有吉が好救援。代打・川島に死球を与えて満塁とされながらも、代打・福田を空振り三振、本多を二ゴロに打ち取り、反撃を凌いだ。

 ソフトバンクは2連敗。先発の千賀が乱調だった。2回に鈴木の2ラン、4回にペーニャにソロを浴びて3失点。5つの四球も与え、6回111球を投げ、5安打5四球3失点。6回には上林と柳田が本塁へのレーザービーム送球を“連発“する圧巻のプレーで救ったが、6月4日のDeNA戦(横浜)以来、約2か月半ぶりの黒星を喫し、3敗目となった。打線もロッテ投手陣の前に奮わず。6回1死満塁で代打・福田、本多が倒れ、絶好機を逃したことが痛かった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)