「間違いなく特別」―復帰戦のソフトB和田、井口との最後の対戦へ秘める思い

「間違いなく特別」―復帰戦のソフトB和田、井口との最後の対戦へ秘める思い

記事画像

球数制限は考えず、全力投球を誓う「4月の西武戦の時よりは確実に状態はいい」

 27日、ソフトバンクの和田毅が4月7日の西武戦以来、142日ぶりに1軍公式戦に先発登板する。100球程度の球数制限付きとはいえ「肘の痛みがない分、4月の西武戦の時よりは確実に状態はいい」と穏やかな表情で語った。

 5月22日に左肘の手術を受けた和田が、ようやくヤフオクドームのマウンドに戻ってくる。和田は、2度の2軍戦登板でしっかりとした手応えをつかんだ。20日の中日戦では、序盤に失点こそしたものの「自分の感覚としては(相手打者が)振り遅れたり、差し込まれたりしないと抑えきれない。(中日戦の)3回、4回からそれができたし、そういう感覚があれば自分のピッチングができると思う」と自信をのぞかせた。

「チームの勢いを削がないように、自分がいいピッチングができれば、チームはさらに乗っていけると思う」と意気込みを見せる和田。一方で、復帰初戦ということもあり球数は制限される予定だ。

「交代の時機はベンチが判断してくれること。自分では球数のことは考えずに、1球1球全力で相手を抑えにいく。とにかく、一人ひとり、一生懸命に。これは調整登板ではなく、大事な一戦なので」

「ボクが投げる時にいっぱい打ってくれた」井口との最後の対決にも注目

 まさかの連敗で“連敗ストッパー”としての期待を背負う形となってしまった。それでも、自らの経験値によって周りの期待を自分の力に変えてくれることだろう。

 27日の和田の登板には、もう1つ注目すべき点がある。今季限りでの引退を表明した元チームメート、井口資仁との対決だ。ソフトバンクとの3連戦終了とともに引退試合までの登録抹消を申し出た井口にとって、27日が思い出の地・福岡でのラストゲームとなる。

「2003年、ボクが新人として入った年に井口さんには公私ともにお世話になりました。ボクが投げる時にいっぱい打ってくれた印象がありますね。(和田が先発した)日本シリーズ第7戦のホームランはすごかった」とルーキーイヤーの思い出を語った和田。それだけに「自分にとっても大事な復帰戦だが、特別な思いで投げることは間違いない」と言い切った。福岡ダイエー時代を知るファンにとっては、忘れられない対決となりそうだ。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)