イチロー鮮やか左前打 今季22本目の代打安打、球団最多代打安打記録を更新

イチロー鮮やか左前打 今季22本目の代打安打、球団最多代打安打記録を更新

マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

「ICHI」ユニで新たな勲章、MLBのシーズン代打安打記録にも残り「6」

 マーリンズのイチロー外野手は26日(日本時間27日)、本拠地でのパドレス戦で7回に代打で出場。レフト前ヒットを放ち、球団のシーズン最多代打安打記録を更新した。

 1-1の同点で迎えた7回無死一塁、イチローは中継ぎ右腕エリントンの代打で登場した。「プレーヤーズ・ウィークエンド」のイベントで各チームの選手たちがニックネーム入りのユニフォームで出場する中、「ICHI」を背負い打席へ。右腕マトンに対して、バントを2度試みるもファウル。しかし、その後はファウルなどで粘ると、最後はカウント2-2から7球目の91マイル(約146キロ)の外角速球を巧みにレフト線へ運び、無死一、三塁へとチャンスを広げた。

 続くゴードンはニゴロに倒れ、ボールは二塁に送られてイチローがアウトに。1死一、三塁となり、一塁は空いていなかったものの、絶好調のスタントンは敬遠で1死満塁となった。しかし、イエリッチとオズナが倒れ、勝ち越し点は奪えなかった。イチローは守備にはつかず、そのまま交代した。

 イチローは22日(同23日)の敵地フィリーズ戦で飛距離132メートルの決勝3ランを放ち、今季の代打安打を「21」として、ロス・グロードが持つ球団最多代打安打記録に並んでいた。この1本で「22」として記録を更新し、ジョン・バンダーウォールが1995年に記録したメジャー記録の28本にも「6」に迫っている。

 また、メジャー通算3068安打とし、歴代21位のキャップ・アンソン(3081本)までは残り13本に。今季打率は.252となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)