イチローまた勲章 球団新の22本目代打安打「語り継がれた記録が破られた」

マーリンズのイチローが今季22本目の代打安打で球団記録更新 地元ファンも称賛

記事まとめ

  • マーリンズのイチローが26日、パドレス戦で7回に代打で出場しレフト前ヒットを放った
  • 今季22本目の代打安打となり、マーリンズのシーズン最多代打安打記録(21本)を更新
  • 地元ファンは「真のベースボールプレイヤー」「偉大なるサムライ」と称賛の声をあげた

イチローまた勲章 球団新の22本目代打安打「語り継がれた記録が破られた」

イチローまた勲章 球団新の22本目代打安打「語り継がれた記録が破られた」

「ICHI」ユニフォームで試合に臨むマーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

技ありの左前打で記録を更新、ファンも称賛「偉大なるサムライ」

 マーリンズイチロー外野手は26日(日本時間27日)、本拠地でのパドレス戦で7回に代打で出場。レフト前ヒットを放った。これがイチローにとっては今季22本目の代打安打となり、マーリンズのシーズン最多代打安打記録(21本)を更新。背番号51の新たな勲章を球団公式ツイッターが速報すると、地元ファンは「レジェンド」「真のベースボールプレイヤー」「偉大なるサムライ」と称賛の声をあげている。マーリンズは2-1で延長11回サヨナラ勝利。1回を無失点に抑えた田澤純一投手に3勝目(3敗)がついた。

「プレーヤーズ・ウィークエンド」のイベントで、「ICHI」の愛称をユニホームに背負ったイチローが、マーリンズ・パークの観衆の前に姿を現した。1-1の同点で迎えた7回無死一塁、右腕エリントンの代打で登場すると、カウント2-2から91マイル(約146キロ)の外角への速球をレフト線へ運ぶ技ありのヒット。無死一、三塁へとチャンスを広げた。

 すると、球団公式ツイッターは「このヒットで、イチローは代打安打22本で1シーズンあたりの球団記録を更新した」と速報した。

「レジェンド」

「真のベースボールプレイヤーだ」

「ゴー・イチ・ゴー!!!」

「これは記録なのか? 彼が去年達成していなかったことが驚きだ」

メジャー記録には「6」、残り34試合で新記録達成なるか

 ファンからの称賛の声に続き、三船敏郎の動画とともに「偉大なるサムライがまたやってくれた。イエス!!!! イ・チ・ロー! イ・チ・ロー!」と日本の安打製造機を「侍」に例える声もあった。さらに、チャンスを広げる1本となった“マイルストーン打”に「イチローはいつもクラッチヒットで打開する」と感謝の声もあがっていた。

 一方、MLB公式サイトでマーリンズ番を務めるジョー・フリサロ記者は「語り継がれたロス・グロードの2009年の代打安打記録21が破られた。イチローは7回のヒットで球団新記録の22本に」と速報した。

 ジョン・バンダーウォールが1995年に記録したメジャー記録の28本にも「6」に迫っているイチローは、今季も様々なマイルストーンを打ち立てている。マーリンズは今季残り34試合となっており、メジャー記録達成なるか、注目が集まる。

 マーリンズはこの7回、無得点に終わったものの、延長11回にロハスがサヨナラ犠飛。直前の1イニングを無失点に抑えた田澤に3勝目がつき、チームも3連勝を飾った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)