ソフトB和田、通算1500個目の三振は井口から奪取「光栄」「記憶にも残る」

ソフトB和田、通算1500個目の三振は井口から奪取「光栄」「記憶にも残る」

自身通算1500奪三振を達成したソフトバンク・和田毅【写真:(C)PLM】

復帰戦で6回無失点9Kの快投「今の段階では、全て出せた」

 ソフトバンクの和田毅投手が、27日のロッテ戦(ヤフオクD)で復帰。6月に左肘遊離軟骨の除去手術受け、4月7日の西武戦(メットライフ)以来となった1軍マウンドで6回2安打9奪三振と快投した。4回にはダイエー時代のチームメートで、今季限りで現役を引退するロッテ井口から三振を奪い、史上51人目の通算1500奪三振も達成した。

 復帰戦を快投で終えた和田は降板後、「今、自分が出来ることを全てやろうと思い投げました。今の段階では、全て出せたと思います。次回は、もっと長いイニング投げたいです。チームが勝てるように応援します」と満足げな様子で振り返った。

 さらに、通算1500奪三振については「試合前から、あと6個で1500奪三振とはわかっていました。記録にも記憶にも残る事なので、その1500個目が井口さんから取れて、とても光栄です」と話していた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)