“荒馬”プイグが野性味溢れる走塁披露、単打性打球も攻めて二塁→三塁へ

“荒馬”プイグが野性味溢れる走塁披露、単打性打球も攻めて二塁→三塁へ

ニックネームユニフォームを身に着けて試合に臨むドジャースのヤシエル・プイグ【写真:Getty Images】

ニックネーム「ワイルドホース(荒馬)」に相応しい激走にファン大歓声

 メジャーでは、選手が愛称をユニホームに背負うイベント「プレーヤーズ・ウィークエンド」を開催。カラフルなユニホームや思い思いのギアを身にまとった選手たちが、普段とはまた違った野球の魅力を伝えてくれている。選手の愛称は幼少期から続くもの、プロ入りしてから付いたものなど様々だが、まるで“名は体を表す”と言わんばかりのプレーを披露したのが、ドジャースのヤシエル・プイグ外野手だ。

 走攻守いずれもダイナミックなプレーで沸かせるキューバ人外野手の愛称は「ワイルドホース(荒馬)」。そのプイグが“荒馬”ぶりを発揮したのは、26日(日本時間27日)本拠地でのブルワーズ戦のことだった。0-0の2回裏、2死走者なしの場面で打席に立つと、先発デービスが1ストライクから投げた2球目外角カーブを強振。三塁線へ飛んだ鋭い打球を三塁手ショウが弾いたのを見ると、プイグは一塁を蹴って二塁を目指した。ショウからの送球が逸れ、二塁ベースカバーに入ったウォーカーは体を回転させながらキャッチ。プイグはスライディングすることもなく悠々と二塁へ到達した。

 が、見せ場はここからだ。送球を受けたウォーカーは二塁ベースから本塁寄りに約2メートル離れた位置で右膝をついて中腰になっていたが、そんなことには目もくれず。プイグは三塁ベースカバーに誰も入らずガラ空きになっているのを認めると、三塁へ疾走し始めた。遊撃手と投手が慌ててベースカバーに向かったが、時すでに遅し。ヘッドスライディングしたプイグは、見事三塁まで進んでみせた。

 試合を実況する地元テレビ局「スポーツネットLA」の実況は、「ワイルドホースがここに登場しました!」と絶叫。「愛称を背負うプレーヤーズ・ウィークエンドで、その名前を体現してみせました」と興奮しながら話し終えると、ダグアウトの中で信じられないといった表情で首を横に振るロバーツ監督の姿が映し出された。

 大喜びしたのは地元ファンだ。プイグが三塁へ走り始めるとスタジアムには大歓声がこだま。三塁へヘッドスライディングすると、スタンディングオベーションすら起きた。MLB公式ツイッターでも「荒馬が自由に駆け巡る」という一文と共に動画を公開。打席からあっという間に三塁まで到達するプイグの姿を紹介した。

 チームは荒馬の疾走を生かし切れずに0-3で敗れたが、所狭しと駆け巡る「WILD HORSE」の姿はファンの目にしっかり焼き付けられたはずだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)