米新人外野手“マシーン”が“スーパーマン捕球”、実況「アンビリーバボー」

米新人外野手“マシーン”が“スーパーマン捕球”、実況「アンビリーバボー」

インディアンスのブラッドリー・ジマー【写真:Getty Images】

インディアンス新人ジマーが頭上を越えそうな打球をキャッチ

 驚愕のキャッチが、またメジャーで誕生した。26日(日本時間27日)本拠地でのロイヤルズ戦で、インディアンス新人外野手ブラッドリー・ジマーが美技“スーパーマンキャッチ”で長打性の打球を強奪した。

 0-0で迎えた5回表2死一塁の場面。インディアンス先発クレビンジャーの投げた5球目スライダーを、ロイヤルズのケインが強振した。センターへ真っ直ぐ飛び出した打球はぐんぐん飛距離を伸ばし、中越え二塁打になるかと思われた。

 が、その時だ。打球から目を切らずに猛スピードで背走したジマーが、自分を越えて落ちそうな打球に向かい、まるでスーパーマンのようにジャンプした。見事グラブに打球を収めたジマーは、腹ばいに着地すると体を反転して上体を起こし、グラブを突き上げてキャッチをアピール。それを見届けたマウンド上のクレビンジャーは、両手を高々と突き上げてバンザイすると拍手して、24歳ルーキーの美技を称えた。

 試合を放送した「FOXスポーツ」の実況も絶叫せずにはいられなかった。ジマーの驚愕美技を見ると「アンビリーバボー・キャッチを果たしました!」と大興奮。回が終わり、攻守交代間のCMが終わった後も声を弾ませながら、「今季見た中でも屈指のキャッチです」と衝撃を伝えた。

「プレーヤーズ・ウイークエンド」だったこの日は「マシーン」というニックネームを背負ってプレーしたジマー。「マシーン」が見せた正確無比なキャッチで勢い付いたインディアンスは、地区ライバルのロイヤルズに完封勝ちし、見事3連勝を飾った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)