イチロー“球団新”を地元メディアも速報 左翼線への一打は「典型的イチロー」

イチロー“球団新”を地元メディアも速報 左翼線への一打は「典型的イチロー」

マーリンズのシーズン最多代打安打記録を更新したイチロー【写真:Getty Images】

球団記録更新の22本目代打安打「今季メジャーで最も代打安打を放っている」

 マーリンズのイチロー外野手が、26日(日本時間27日)の本拠地パドレス戦で新たな“勲章”を手にした。7回に代打で出場し、レフト前ヒット。今季22本目の代打安打となり、マーリンズのシーズン最多代打安打記録(21本)を更新した。地元紙も続々と速報。外角への直球をレフト前に運ぶ技ありの一打に「典型的なイチロー」という声もあがった。マーリンズは2-1で延長11回サヨナラ勝利を飾り、1回無失点の田澤純一投手が3勝目(3敗)を挙げた。

 MLBのイベント期間中のため、「ICHI」の愛称をユニホームに背負ったイチロー。1-1の同点で迎えた7回無死一塁に代打で登場すると、粘ってカウント2-2から右腕マトンの7球目の91マイル(約146キロ)の外角速球をレフト線へ運んだ。フェアゾーンぎりぎりに巧みに落とすヒット。無死一、三塁へとチャンスを広げた。その後、後続が倒れて得点にはつながらなかったものの、マーリンズは延長11回サヨナラ勝ち。3連勝を飾った。

 ロス・グロードが持っていた球団最多代打安打記録(21本)を更新する今季22本目の代打安打を放ったイチローについて、地元紙「マイアミ・ヘラルド」は速報。「イチロー・スズキは7回にシングルヒットを放ち代打安打を22本とし、マーリンズのシーズン代打安打記録を更新した。ロス・グロードは2009年に21安打を達成し、この記録を樹立した。スズキは今シーズン、メジャーで最も代打安打を放っている」。イチローの代打安打22本は、2位のパット・バライカ(ロッキーズ)の15本を大きく引き離し、メジャー1位となっている。

ファウルで粘り左翼線へ落とすヒットに称賛「素晴らしい打席」

 さらに、サン・センチネルも速報し、「イチロー・スズキは代打安打22本目を放ち、マーリンズのシーズン最多記録を更新した。最後にメジャーでより多くの代打安打を記録したのは2007年のマーク・スウィーニーである」とデータを紹介。07年のスウィーニーは代打で24安打を記録しており、イチローの22安打はこれ以来では最も多い本数となった。

 また、この試合を中継していた「FOXスポーツ・フロリダ」では、イチローがヒットを打った瞬間に実況が「イチロー、レフト線へのライナーです。ヒットです! 代打安打を22本としました。マーリンズ史上最多です。貴重なヒットです」と興奮気味に伝え、解説者のトッド・ホランズワース氏は「素晴らしい打席です。典型的なイチローです。レフト線へと放ちました」と、ファウルで粘った末の左翼線へのヒットを称賛していた。

 3連勝のマーリンズは、ワイルドカード2位のロッキーズと4.5ゲーム差を維持。大逆転でのプレーオフ進出を狙うチームの中で、調子を上げてきた代打イチローの存在感がさらに大きくなっている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)