青木宣親5号ソロを含む今季5度目3安打と爆発、チーム全得点を1人で挙げる

ブルージェイズの青木宣親が今季5号ソロを含む3打数3安打2打点も、チームは敗戦

記事まとめ

  • ブルージェイズの青木宣親が本拠地でのツインズ戦に7番・右翼で先発した
  • 青木宣親は今季5号ソロを含む3打数3安打2打点の活躍を見せ、今季5度目の3安打となった
  • 青木宣親はチーム全得点を1人で叩き出したが、チームは2-7で敗れた

青木宣親5号ソロを含む今季5度目3安打と爆発、チーム全得点を1人で挙げる

青木宣親5号ソロを含む今季5度目3安打と爆発、チーム全得点を1人で挙げる

ブルージェイズ・青木宣親【写真:Getty Images】

2回に中堅へ先制タイムリー、4回に右翼へ5号ソロ

 ブルージェイズ青木宣親外野手が27日(日本時間28日)、本拠地でのツインズ戦に「7番・右翼」で先発し、今季5号ソロを含む3打数3安打2打点の活躍を見せた。今季5度目の3安打でチーム全得点を1人で叩き出したが、チームは2-7で敗れた。

 2試合ぶりに先発した青木のバットがうなった。1点を追う2回、1死二塁で迎えた第1打席では、ツインズ先発ギブソンが1ストライクから投げた2球目チェンジアップを中堅へ運び、同点タイムリーとした。1-5で4点を追う4回には、2死走者なしの場面で初球を振り抜くと、打球は右翼席ポール近くに飛び込む5号ソロとなった。

 7回先頭で迎えた第3打席もセンターへ安打を運び、この日3本目のヒットを記録。9回2死から迎えた第4打席こそライトフライに倒れたが、敗戦の中でも存在感を発揮した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)