「最後が和田でよかった」「嬉しかった」…井口と和田を繋いだ不思議な力

「最後が和田でよかった」「嬉しかった」…井口と和田を繋いだ不思議な力

握手を交わすソフトバンク和田毅(左)とロッテ・井口資仁(右)【写真:藤浦一都】

今季限りで引退の井口にとって最後の福岡、左肘手術から驚異の回復を見せた和田が先発

 井口と和田が紡いだ1日の物語。そこには、不思議な力を感じざるを得なかった。今季限りで現役を引退するロッテ井口資仁内野手と、ダイエー時代に井口とチームメートだったソフトバンクの和田毅投手。27日のソフトバンク対ロッテ戦(ヤフオクD)は、井口にとって8年間を過ごした福岡での最後の試合。球界を牽引してきた2人の3度の対戦を、ロッテファン、ソフトバンクファンが、普段応援しているチームの垣根を越えて見つめていた。

 2人の縁が引き寄せたかのように実現した、この日の対戦だった。井口はこのソフトバンク3連戦を終えると、28日に登録を抹消される。若手の起用を望む井口自身が伊東勤監督に申し出てのことだった。9月24日の日本ハム戦(ZOZOマリン)が引退試合。27日は、ダイエー時代にプロとしてのスタートを切った福岡で戦う最後の試合だった。

 和田は5月下旬に左肘遊離軟骨除去の手術を受けた。術後当初は全治3か月と診断されており、今季中の復帰も微妙な状況だった。だが、驚異的な回復を見せ、わずか2か月半で2軍戦で実戦復帰。ファームでの登板わずか2試合で1軍昇格が決定。この日の先発が決まると、それは偶然にも井口の福岡ラストゲームと重なった。

「僕自身もこの日になると思わず、まさか井口さんとこういう風に最後に対戦できるとは思わなかったので、すごく嬉しかった。チームとしては3連敗したくないという中で回ってきたんですけど、それよりも今日は井口さんとの対戦というのが自分の中で大きなウエートを占めていた」

 和田はこの日の登板へ向かう心境を試合後に明かした。自身の復帰登板。チームが連敗で迎えた一戦。それよりも、井口との最後の試合という思いが強かった。

 粋な計らいもあった。ロッテの伊東勤監督は、井口を「4番・DH」でスタメン起用した。スターティングラインナップが場内で発表される。4番、指名打者、井口ーー。沸き上がる歓声。ロッテファン、ソフトバンクファンが一斉に沸き、拍手が巻き起きた。

 こうして、井口の福岡でのラストゲームは幕を開けた。

第1打席に井口がレフト前ヒット、第2打席には和田が1500奪三振

 3打席全てにドラマがあった。

 和田の完璧な立ち上がりで始まったこの試合。まず魅せたのは、井口だった。和田と向き合った最初の打席は2回先頭。3ボール2ストライクからの8球目、外角の真っ直ぐを捉えると打球は三塁寄りにいた遊撃・今宮の左を抜けて左前へ抜けた。スタジアム全体から大歓声が上がった。「1本打ててホッとした」。井口の表情が緩んだ。

 4回の第2打席。1ボール2ストライクからの4球目、和田は渾身の真っ直ぐを投げ込んだ。空を切る井口のバット。今度は和田が井口から3者連続となる空振り三振を奪った。これがこの日6個目の三振。奇しくも、この三振で和田は通算1500奪三振を達成したのだ。

「まさか井口さんから1500個目を取れるなんて夢にも思っていなかったです。取った時は知らなくて。三振を取りにいこうとはしましたけど、1500個目を狙いにいった訳ではなかった。場内アナウンスで『あ、そうなんだ。井口さんからじゃないか』と思いました。一生残る、自分にとっても一生忘れられない1球になったと思います」

 2人の物語は、6回の第3打席がクライマックスだった。「全部真っ直ぐ。全部ど真ん中を目掛けて投げました」と和田。全球真っ直ぐ勝負。2ストライクからの3球目を井口が打ち上げて中飛に倒れた。それぞれがベンチに戻る前、2人はマウンド付近ですれ違う。言葉を一言交わす。井口が左手で和田のお尻を叩き、和田は頭を下げた。
 
井口「僕が通ろうと思ったら、和田がマウンドのところで待っていてくれていたので『ありがとう』と声を掛けました。和田も『ありがとうございました』と言ってくれて。あれで福岡で終わったかなという感じでしたね」

和田「井口さんがフライになって、こっちに戻ってくるので、待って一礼しようと思いました。球数的にも、あれが最後の対戦になると思ったので。待っていたら、井口さんの方から来てくれて。『ありがとうな』と言ってもらえて嬉しかったですね」

「本当に最後の最後に和田と勝負できたので良かったです」

 試合終了後、井口は左翼スタンドに詰めかけて熱い声援を送った多くのロッテファンに挨拶に向かい、頭を下げた。さらに右翼席の、かつて自分を応援してくれていたホークスファン、内野席の全てのファンに向かって丁寧に頭を下げて回った。一塁側ベンチ前では、1995年からの5年間チームメートだった工藤公康監督、そしてこの日のラストゲームを彩った和田から花束を贈られた。球場全体から送られる惜しみない拍手の中で、井口の福岡での最終戦が終わりを告げた。
 
井口「最後は本当に嬉しかったです。工藤さんも迎えてくれて良かったです。ヒットというヒットじゃないですけど、3打席、最後にここで立てたというのが良かったですね。本当に最後の最後に和田と勝負できたので良かったです」

和田「いいピッチングを井口さんに見せたいという気持ちがすごくあった。思い切って、持っている球を全部見てもらおうと思って、井口さんには全球種を使いました。自分の成長した姿を少しでも見てもらえたかなと思います」

 井口は青山学院大から1997年にドラフト1位でホークスに入団。和田は自由獲得枠で2003年に井口のいるホークスの一員となった。チームメートとしてプレーしたのは2年間。和田の加入から2年後の2005年に井口はメジャーに挑戦。2009年の井口のロッテ移籍から3年後の2012年に、和田もメジャーに挑戦した。大卒でダイエーに入り、メジャー挑戦も経験するなど2人には共通項もある。

「井口さんは背中で語る方だったので、全ての面において、振る舞いだったり、プロはこういう風にするんだというのを、真似じゃないですけど、勉強しました。大卒というのもありますし、色々話すようになって、よくしていただきました。食事にいったことも何回もありますし、公私ともに可愛がってもらいました」と和田は、井口への思いを語った。

 井口が福岡で、そして敵地で戦う最後のゲームで放った最後のヒットが和田から。福岡で、敵地で喫した最後の三振は、和田が奪った1500個目という節目の奪三振。これほどまでに記録にも、記憶にも残る展開を、誰が予想しただろう。2人が描いたストーリーは、試合の勝敗以上に人の心を熱く惹きつける筋書きだった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)