ホークス島袋洋奨が左肘を手術、復帰までは3〜4か月の見込み

ホークス島袋洋奨が左肘を手術、復帰までは3〜4か月の見込み

ソフトバンク・島袋洋奨【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

興南高の2010年春夏連覇の立役者、今季は1軍登板なし

 ソフトバンクは29日、島袋洋奨投手が福岡市内の病院にて、左肘鏡視下関節内遊離体摘出術を受けたと発表した。手術は無事終了し、復帰まで3〜4か月を要する見込みだという。

 島袋は2014年ドラフト5位でホークス入り。沖縄・興南高時代の2010年には史上6校目となる春夏連覇達成の立役者となった。中央大学進学後にプロ入りし、2015年9月25日ロッテ戦でプロ初登板したが、昨年と今年は1軍登録はされていなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)