ロッテ伊東監督が55歳の誕生日で意欲「残り30試合、全部勝つつもり」

ロッテ伊東監督が55歳の誕生日で意欲「残り30試合、全部勝つつもり」

ロッテ・伊東勤監督【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

恒例の“顔面ケーキ”はなしも、報道陣プレゼントに笑顔

 ロッテ伊東監督が29日、55歳の誕生日を迎えた。例年は試合前に選手全員が集合し、顔面をケーキまみれにする手洗い祝福が話題。昨年はルーキーだった平沢が、恐る恐る監督に“顔面ケーキ”をしたが、今年はシーズン終了後の退任を発表しているだけに、さすがにサプライズはなかった。

 報道陣から「殿堂入り」の文字が入ったゴルフボールと、バスローブを贈られると、笑顔を見せた。「今年で(誕生日のセレモニーは)終わりになると思うと…。皆さんに良くしてもらった。今日は55歳になりました。最後まで(指揮を)全うして、残り30試合、全部勝つつもりで、より厳しく戦いたい」と決意を新たにしていた。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

関連記事(外部サイト)