スタンリッジが腰の張りで30日先発回避、指揮官「他の人でいくしかない」

スタンリッジが腰の張りで30日先発回避、指揮官「他の人でいくしかない」

ロッテ・スタンリッジ【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

代役としてチェンの先発復帰が決定

 ロッテのスタンリッジ投手が腰の張りを訴え、29日に登録抹消、予定されていた30日オリックス戦の先発を回避することになった。

 同投手は今季14試合に先発し、4勝6敗。一時不調でファーム落ちしたが、7月10日に再登録された後は、6試合で3勝2敗と調子を取り戻しつつあった。伊東監督は「試合前の練習で、腰に張りが出て、明日(30日)の先発は投げられないということなので、急だが他の人でいくしかない」と話した。

 30日は急遽、チェン・グァンユウ投手が今季7試合目の先発が決まった。チェンは開幕した4月は救援だったが、5月9日の楽天戦から先発に回り、6月14日のDeNA戦まで6試合に先発して1勝3敗。7月5日の楽天戦から、またリリーフに回っていた。「(先発しても)短いイニングで、複数でまかなうしかない」(伊東監督)と、30日のオリックス戦は継投で乗り切るつもりだ。(細野能功 / Yoshinori Hosono)

関連記事(外部サイト)