戦力外の青木宣親、ブ軍は早期契約を予期!? 他球団の獲得を”熱望”する声も

戦力外の青木宣親、ブ軍は早期契約を予期!? 他球団の獲得を”熱望”する声も

ブルージェイズ・青木宣親【写真:Getty Images】

ブ軍指揮官は「彼は他球団と手を組む機会ができた」、獲得を熱望する他球団ファンも

 トレード期限最終日の7月31日にアストロズからブルージェイズにトレードで移籍した青木宣親外野手が、メジャーでプレー可能となる40人枠から28日(日本時間29日)に外され、事実上の戦力外となった。地元では、球団のこの決断に怒りを露わにするファンもいる中、ブルージェイズは青木の去就がすぐに決まると考えていると、地元紙はレポート。さらに、他球団ファンからは獲得を“熱望”する声もあがっている。

 突然の戦力外通告について、カナダの地元紙「バンクーバー・サン」は「ブルージェイズは早急なブルペン補強、そして将来を見据え、ノリ・アオキを自由の身とした」と伝えた。球団側はウエーバー公示を行うが、記事では「ブルージェイズは青木が他球団と契約するであろうと考えている」としている。

 さらに、青木を高く評価しながら、ブルペン投手補強のために「我々は望んでいたわけではない」という“苦渋の決断”を下したジョン・ギボンズ監督が、「他球団と手を組む機会ができた。彼は選ぶことができると思う」と話したこともレポート。9月に入れば、ベンチ入りの枠が25人から40人に拡大される「セプテンバーコールアップ」で数人の若手外野手が昇格し、青木の出場機会がさらに減少することも考慮したという。

 今後は、その去就に注目が集まることになる。青木への戦力外通告について伝えた米国最大の移籍情報サイト「MLBトレードルーマーズ」には、ブルージェイズへの怒りの声とともに、他球団ファンからの“オファー”も届いている。

アストロズやジャイアンツへの復帰を望む声も

「Mr.アオキ、メッツと契約を!」

「彼はほとんど3割打者だ。決して平凡な成績ではない。彼にパワーはないが、メジャーのどこかに彼の居場所はある」

「タンパ行きの飛行機に乗るんだ、ノリ。アストロズはトレードのことで申し訳なく思っているよ」

「カブスに来る可能性はあるかな?」

「ジャイアンツのような球団は興味を持つだろうね」

「インディアンスは是非ともノリ・アオキを獲得したいだろうね」

 メジャー6年目の日本人打者の力を高く評価するファンや、カブス、インディアンスといった、現在の地区首位チームが獲得することを望む声も。また、大型ハリケーン「ハービー」の直撃で試合が開催ができず、タンパベイ・レイズの本拠地で29日(同30日)からのレンジャーズ3連戦を行うアストロズの“再獲得”や、2015年に所属したジャイアンツへの復帰を予想する人もいた。

 2012年に渡米後、6球団を渡り歩きながら、打率.285、出塁率.350と好成績を残してきた青木への評価は高い。ファンの望みどおり、すぐに新天地への移籍が決まることになるのだろうか。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)