「安打が欲しければ、バエスを避けろ」 ダイブ→三遊間最深部から驚愕送球

「安打が欲しければ、バエスを避けろ」 ダイブ→三遊間最深部から驚愕送球

カブスのハビアー・バエス【写真:Getty Images】

美技連発の遊撃手がまた驚異的プレー「この送球は感銘的だ」

 カブスのハビアー・バエス内野手がまたしても驚異的な美技を見せた。

 28日(日本時間29日)のパイレーツ戦、1点リードの3回2死走者なしの場面だった。カブスの左腕モンゴメリーから、パイレーツのオスーナが三遊間への痛烈なゴロを放つ。すると、遊撃のバエスがこれをダイビンビングキャッチ。すぐさま立ち上がり、右腕を振った。

 三遊間最深部からの送球。しかし、矢のようなボールがダイレクトで一塁手リゾのグラブに収まる。オスーナは間一髪でアウト。納得のいかない表情を浮かべたが、タイミングはアウトで、パイレーツがチャレンジすることはなかった。

 地元テレビ局の実況は「ダイビングでストップして一塁へ送球! アウト! バエスによるなんてプレーだ!」と絶叫。本拠地は大歓声に包まれた。MLB公式サイトはツイッターで「もしヒットを打ちたかったら、バエスを避けるんだ」とこの動画を紹介した。

 ファンからも「この送球は感銘的だ」「史上最高」「驚異的だ!」「ゴールドグラブ」「ハビーは今まで見た中で最も才能のあるショートストップだ」などと称賛の声が殺到。本職はショートながら、現在DL入りしているアディソン・ラッセルが万全なときは二塁を守ることが多いバエス。ただ、ラッセル不在の間にショートで美技を連発していることから「アディソンが戻ってきても彼をショートに置くべきだ」「アディソンをトレードしろ!」という声もあがった。

 カブスは6-1で快勝。序盤に飛び出したバエスの美技も試合の流れを引き寄せる上で大きなプレーだった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)