80年前の大記録に並んだスタントン、本塁打量産で近づく偉業の数々

80年前の大記録に並んだスタントン、本塁打量産で近づく偉業の数々

51号アーチを放ちダイヤモンドを周るマーリンズのジャンカルロ・スタントン【写真:Getty Images】

51号本塁打で60発に残り「9」、80年ぶり新記録樹立&史上4人目の偉業も射程

 29日(日本時間30日)の敵地ナショナルズ戦で今季51号本塁打を放ったマーリンズのジャンカルロ・スタントン外野手。特に7月のオールスター以降、驚異的なペースで本塁打を量産する27歳は数々の記録達成が持ち上がっている。地元紙「マイアミ・ヘラルド」電子版が特集している。

 マーリンズが誇る大砲はこの日の初回の第1打席で右腕ジャクソンの3球目を捉え、左翼席へ両リーグトップの51号ソロをマーク。マーリンズは3-8で敗れたものの、スラッガーはこの日2打点を挙げ、キャリア最多の110打点となった。

 4月、5月、6月と7本塁打ずつを放ったスタントンは7月以降ペースを加速させており、7月は12発、8月は18発目となった。8月のメジャー最多本塁打は1937年にルディ・ヨークが記録した18本塁打で、スタントンは80年前の大記録に並んだ形だ。

 さらに史上6人目のメジャー60本塁打まで残り9本。ここまではシーズン63本塁打ペース。またオールスター以降は44試合で25本塁打を放っており、このペースなら67本塁打に達することになる。

3か月連続12本塁打なら史上4人目の偉業

 現地メディアもスタントンの本塁打に熱視線を注いでおり、試合後、ESPNは「ジャンカルロ・スタントンが18本塁打で8月記録に並ぶ」と速報。他メディアも「見よ:ジャンカルロ・スタントンが51本塁打目を放ち80年物の記録にも並ぶ」(米CBSスポーツ電子版)、「スタントンが51号を放つもウォーリーが5点献上しマーリンズはナショナルズに敗戦」(地元紙「サン・センチネル」電子版)、「スタントンが51号で8月記録に並ぶもナ軍がマーリンズを破る」(米FOXスポーツ電子版)と、見出しにはスタントンの文字が躍った。

 そんな中、同選手の記録を掘り下げたのは「マイアミ・ヘラルド」紙。「8月の砲声:スタントンがメジャー本塁打記録に並ぶ」との特集記事の中で、残り2試合で、8月の最多本塁打記録の更新がかかることをレポート。また7月、8月で放った本塁打が現在30本で、インディアンスなどで活躍したアルバート・ベルが持つ2か月連続の最多本塁打記録(31本)に残り1本となったことを紹介した。さらに9月も12本塁打以上を放った場合、3か月連続12本塁打となり、ベーブ・ルース、ジミー・フォックス、マーク・マグワイアに続き史上4人目となることも伝えている。

 バリー・ボンズ(73本)、マグワイア(70本)に次ぐシーズン70本塁打に近づくペースで本塁打を放ち続けているスタントン。残り31試合、その打撃から目が離せない。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)