初のジュニア大会開催へ 西武が今年も「車椅子ソフトボール大会」を実施

初のジュニア大会開催へ 西武が今年も「車椅子ソフトボール大会」を実施

埼玉西武が行う車椅子ソフトボールの様子【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

将来のパラリンピックの正式種目を目指す「車椅子ソフトボール」

 9月2日(土)、3日(日)の2日間、埼玉県さいたま市大宮区の大宮第二公園多目的広場で「第3回ライオンズカップ車椅子ソフトボール大会」が行われる。

 2015年にプロ野球球団初の主催となる大会を実施して以降、今年で3年連続3回目。今年は日本初となるジュニア大会のカテゴリーが加わり、日本車椅子ソフトボール協会加盟の6チームによる「本大会」、競技歴2年未満なら誰でも参加が可能な「ビギナークラス」、そして18歳以下のメンバーで構成される「ジュニア大会」と合計3つのクラスで実力を競い合う。

 ここで、車椅子ソフトボールについて説明しておこう。このスポーツは10人制で行われ、16インチのボールを使用。グローブは使わずに守備を行う米国発祥の車椅子競技である。将来的にはパラリンピックの正式種目として採用されることを目指しており、現在は日本や韓国を中心にアジアでも拡がりをみせている。

 米国では、以前からメジャーリーグ球団のサポートを受けて運営しているチームも多く、広く浸透しているが、日本では2012年に日本代表チームが全米選手権に初出場したことがきっかけで普及が加速。翌年には一般社団法人日本車椅子ソフトボール協会(JWSA)が発足し、現在に至る。

 埼玉西武ライオンズでは、数年前から野球の競技者人口が減少しているという点に危機感を感じ、8月15日からの3連戦で「エンジョイベースボールシリーズ」を実施するなど、子供たちに競技の場を与える活動に力を入れている。今回のジュニア大会の初開催も同様の理由で、競技発展に必要不可欠な次世代の育成をテーマとし、子供たちにきっかけを与えることが大きな狙いとなる。

一般参加者を対象とした体験会の開催も

 今大会の開催に携わる株式会社西武ライオンズの事業部リーダー・別府学氏は「健常者のみの野球振興ではなく、年齢や性別に関係なく一緒に競技出来る野球型スポーツである、車椅子ソフトボールの競技普及が最大の目的です。そのためには底辺拡大が必要であり、ジュニア世代がプレーできる機会を増やすことによって、競技普及に努めたいため」と、ジュニア大会開催というカテゴリーを広げた目的について、こう説明する。

 さらに別府氏は「当日でも体験会への参加が可能です。車椅子ソフトボールの日本代表選手も含む、プレイヤーたちが親切に指導しますので、多くの方に参加していただきたいです。初めての方、障がいの有無に関わらず楽しんでいただけるスポーツですので、ぜひ『第3回ライオンズカップ車椅子ソフトボール大会』にお越しください」と呼び掛ける。

 別府氏が語っていたように、当日は一般参加者を対象とした体験会の開催も予定され、「走る・投げる・打つ」が味わえるミニゲームを実施するという。今までは競技自体を知らなかったという方も、興味はあったけどプレーの機会がなかったという方も、この機会に体験し、普及活動に参加してみてはいかがだろうか。

<開催概要>
【大会名】
第3回ライオンズカップ車椅子ソフトボール大会
【大会日程】
9月2日(土)9:00〜18:00 ※ビギナークラスは2日のみ開催
9月3日(日)9:00〜14:00 ※ジュニア大会は3日のみ開催
【会場】
大宮第二公園多目的広場(埼玉県さいたま市大宮区)
※雨天決行 荒天中止(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)