日ハム浦野が虫垂炎で手術 7月4日に退院、試合復帰まで4週間の見込み

日ハム浦野が虫垂炎で手術 7月4日に退院、試合復帰まで4週間の見込み

日本ハム・浦野博司【写真:石川加奈子】

日本ハムが腹腔鏡下摘出術の終了を発表

 日本ハムは30日、浦野博司投手が東京都内の病院で虫垂炎と診断され、腹腔鏡下摘出術が終了したと発表した。7月4日に退院する予定で試合復帰まで約4週間の見通し。

 2013年ドラフト2位でセガサミーから日本ハムに入団した浦野。昨季は25試合に登板して3勝1敗0セーブ7ホールドと結果を残し、7月8日には780日ぶりの白星をあげていたが、今季は開幕1軍からは外れていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)