オリックス泥沼7連敗…2つの失策が失点直結で自滅 西武は4連勝で高橋光2勝目

オリックス泥沼7連敗…2つの失策が失点直結で自滅 西武は4連勝で高橋光2勝目

オリ 西武に敗れ泥沼7連敗

オリックス泥沼7連敗…2つの失策が失点直結で自滅 西武は4連勝で高橋光2勝目

西武に敗れて7連敗を喫したオリックス【写真:荒川祐史】

オリックスの4回の2失点、6回の1失点はともにエラーから

■西武 3-2 オリックス(30日・メットライフ)

 オリックスが泥沼の7連敗を喫した。30日、敵地メットライフドームで行われた西武戦。終盤に追い上げながらも1点届かずに2-3で敗れ、これで7連敗となった。

 オリックスは3回までノーヒットに封じていた先発のアルバースが4回に崩れた。山川への四球、外崎の左前安打で2死一、二塁とされると、中村の一ゴロをT-岡田がファンブル。満塁とされると、栗山に適時打を浴びて2点を失った。

 さらに6回には神戸が森への四球で走者を出すと、山川の三ゴロを中川が二塁へ悪送球。ピンチが広がると、外崎の遊ゴロで3点目を失った。7回にロドリゲスの来日初本塁打となる2ランで1点差に迫ったが、追い上げも届かなかった。

 西武は4連勝。4回に栗山の中前適時打で2点を先制すると、6回には相手のミスでチャンスを貰い、内野ゴロの間で追加点を奪った。先発の高橋光は7回途中2失点で2勝目。ロドリゲスの一発で1点差に迫られて降板したが、その後を平井、ギャレット、増田の鉄壁のリレーで逃げ切った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)