「寂しいけど、うれしい」巨人ウィーラー、移籍後初安打を楽天ファンも祝福

「寂しいけど、うれしい」巨人ウィーラー、移籍後初安打を楽天ファンも祝福

巨人のゼラス・ウィーラー【写真提供:読売巨人軍】

移籍後初の試合は3打数1安打で途中交代となった

■巨人 – DeNA(30日・東京ドーム)

 楽天からトレードで巨人に移籍したゼラス・ウィーラー内野手が移籍後初安打を放った。30日、東京ドームで行われたDeNA戦。この日1軍に昇格したウィーラーは早速「7番・左翼」でスタメン出場し、5回の第2打席で初安打を放った。

 1点ビハインドの5回、先頭打者として移籍後2度目の打席に立ったウィーラー。フルカウントとされてからの7球目、DeNA先発の浜口が投じた低めのチェンジアップに食らいつくと、打球は左前へと転がった。トレード移籍が決まって5日。嬉しい初安打を放った。

 この一打に巨人ファンだけでなく、ウィーラーが5年過ごした楽天のファンも歓喜。この一打を紹介した「DAZN(ダゾーン)」公式ツイッターの動画には「ジャイアンツのウィーラー 寂しいけど、うれしい」「おめでとう」「ウィーラー、セ・リーグでも頑張って」との祝福のコメントが。さらには「巨人のユニに超違和感」と、慣れないユニホーム姿に違和感を覚えるファンもいた。

 ウィーラーは6回の第3打席で見逃し三振に倒れ、ここで交代。登録即スタメンでの試合は3打数1安打だった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)