快投の日ハム有原を吉井コーチも称賛 「エースになってもらわないと困る子」

快投の日ハム有原を吉井コーチも称賛 「エースになってもらわないと困る子」

日本ハム・有原航平【写真:(C)PLM】

99球での1失点完投、栗山監督も絶賛「これが有原航平」「これが普通」

 日本ハムの有原航平投手が30日、ソフトバンク戦(旭川スタルヒン)で今季7勝目を挙げた。9回4安打1失点で今季初の完投勝利。「週の頭を任されているので、最後まで投げるつもりでした」と胸を張った。

 9回もまだ余力が残っていた。最後の打者・中村をこの日最速152キロ直球で三ゴロに仕留めた。99球での完投勝利。「市川さんが球数少なく配球してくれたので」と有原は真っ先に感謝した。

 継続して追求しているテーマ「腕を大きく振ること」がこの日はできた。「この1週間キャッチボールでフォームを修正しました。今日は腕が振れていました」と手応えをつかんだ。

 スライド登板の影響も感じさせなかった。「昨日はもともと雨だとわかっていましたし。ゆっくり休んで気持ちを切り替えました」。今季初めてスライド登板した8月2日のロッテ戦では8回12安打4失点で完投負けしたが、その時の経験を生かした。

吉井投手コーチも安堵「エースになってもらわないと困る子」

 ヒーローインタビューで答える姿は自信に満ち溢れていた。昨年6月7日広島戦では2-3で敗れた旭川で2度目の登板。「去年悔しい思いをしたので、何とか旭川で勝ちたいと思っていました」と言って1万5111人の観衆を沸かせた。

 今季はエース候補と期待されながら、ここまで敗戦数11と防御率5.15はともにリーグワーストだった。この日見せた今季一番の投球に栗山英樹監督もホッとしたに違いない。「これが有原航平。これが決して良かったわけではない。これが普通。なぜできなかったか今季中に明らかにしたかった」と話した。吉井理人投手コーチも「エースになってもらわないと困る子。今日は良かった」とうなずいた。

 チームはこの日、8月の勝ち越しを決めた。上昇気流に乗ったチームに一人だけ乗り遅れるわけにはいかない。「先週は自分だけ勝っていなかったので何とか勝ちたいと思っていました」と笑った有原。エース候補がこれまでの失敗を糧にして、エースへの道を再び歩き始めた。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)