「野球ファンの夢」を体現する男 日ハム大谷、代名詞「二刀流」完全復活へ

「野球ファンの夢」を体現する男 日ハム大谷、代名詞「二刀流」完全復活へ

日本ハム・大谷翔平【写真:田口有史】

昨年のリーグMVPが31日に先発で投手復帰

 8月30日午後、NPB公式サイトから31日の予告先発が発表された。否応なしに目を引いたのは、札幌ドームで行われる北海道日本ハムと福岡ソフトバンクの一戦。福岡ソフトバンクの先発は石川で、迎え撃つ北海道日本ハムの先発は大谷である。

 昨季、北海道日本ハムは福岡ソフトバンクとの最大11.5ゲーム差をひっくり返し、劇的にパ・リーグを制した。そしてそのままの勢いでセ・リーグ覇者の広島をも下し、日本一の頂に駆け上がる。元盗塁王を3人擁する機動力、華やか且つ鉄壁の守り、栗山監督の冴え渡る名采配など、多くの魅力を備えたそんなチームの中で、いつも投打の中心にいたのは間違いなくこの男だった。

 プロ野球史上初の「1番・投手」による先頭打者本塁打。高卒2年目から3年連続2桁勝利。投げては日本人最速の165キロを叩き出し、打っては22本塁打をかっ飛ばす。パ・リーグを制したその日も、最後までマウンドに立っていた。日本シリーズでは芸術的なまでの悪球打ちを披露し、最終的に指名打者・投手部門でともにベストナイン、リーグMVPにも輝いた。

「二刀流」の実現を疑う声、「投手」としての欠点を指摘する声、「打者」としての才能こそを評価し「一刀」を極めることを勧める声。その全てを、「大谷翔平」という選手が秘める可能性への称賛に変えながら、チームを頂点に導いたドラマチックな姿は、まだ多くの人々の記憶に新しいだろう。

栗山監督は「60球いけるかどうか」

 足の怪我の影響もあり、今季の大谷は主に打者として試合に出場している。ここまでの成績は45試合146打数50安打5本塁打22打点、打率.342だ。万全のコンディションではない時期もありながら、この数字はさすがと言うほかにない。投手としては、7月12日のオリックス戦で今季初先発を飾った。初球から155キロをマークしたものの、1回1/3を投げて4失点と、本来の力を発揮することは叶わず。その日からの投手復帰は見送られた。

 しかし、その後も打者として試合に出場する傍ら、投手としての調整も続けており、最近の投球練習では手応えをつかんだようだ。8月29日に栗山監督が「60球いけるかどうか」と、条件付きで31日の先発マウンドに上げることを明言した。相手は、リーグトップの打率を誇り、首位固めのためにも負けられない戦いが続く福岡ソフトバンク。当然のことながら、気持ちよく投げさせてはくれないだろう。

 それでも、世間が口にするあらゆる不安、「そんなことはできるはずがない」という侮りを、圧倒的な結果でもって覆してきた大谷選手。明日の試合が、「野球ファンの夢」を体現する男の復活のきっかけとなることを、期待せずにはいられない。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)