侍U18代表の清宮を地元紙が異例特集「日本のベーブ・ルースがやってくる」

侍U18代表の清宮を地元紙が異例特集「日本のベーブ・ルースがやってくる」

2015年の侍ジャパンU-18代表に選出された清宮幸太郎【写真:Getty Images】

高校通算109本塁打の記録や、リトルリーグでの世界制覇も紹介

 U-18ワールドカップに出場する高校日本代表は、9月1日の開幕へ向けて、カナダのサンダーベイで練習を行っている。日本チームに対しては、現地での注目度も高まっており、地元紙「クロニクル・ジャーナル」は特集記事を掲載。主将の清宮幸太郎内野手(早実)について「日本のベーブ・ルースが街にやってくる」と伝えている。

 サンダーベイの地元紙は28日(日本時間29日)の記事で、日本がWBSC(世界野球ソフトボール連盟)の世界ランキング1位であることを紹介。そして、日本チームを牽引する清宮について「日本のスタースラッガーであるコウタロウ・キヨミヤは高校通算109本塁打という非公式記録を樹立しており、彼は代表の一員である」と報じている。

 清宮は25日の練習試合・千葉工大戦で高校通算最多記録を更新する108本塁打目をマーク。さらに、翌26日は練習試合・日大戦で109号を放ち、記録をさらに伸ばしてカナダへと乗り込んだ。地元紙がこの数字を紹介するほど、知名度は高い。

 記事では、「キヨミヤは2012年のリトルリーグ・ワールドシリーズで優勝を果たしている」と過去のキャリアにも言及。さらに、サンダーベイ国際野球連盟のウォレン・フィルプ理事までもが「代表として優勝を果たすため、彼はサンダーベイへと向かっている。クラブとしてだけではなく、日本代表としてもね」と、リトルリーグ・ワールドシリーズに続いての世界制覇に“期待”しているという。

米国の大学進学なら「2020年にMLBのドラフト指名を受ける」

 日本では、清宮がプロの道に進むのか、大学に進学するのか、進路に注目が集まっている。プロに進むとなれば、ドラフトで複数球団が1位指名する可能性が高い。

 そんな中、同紙では「この18歳がもし今秋に米国の大学に入学すれば、2020年の21歳の年に、彼はメジャーリーグベースボールのドラフト指名を受けることになるだろう」とやや踏み込んだ言及もある。米国の大学への進学は選択肢の1つとしてあるのだろうか。

「キヨミヤはヒデキ・マツイ、サダハル・オウと比較されてきた。そして日本のベーブ・ルースと称されている」

 リトルリーグで世界一に輝いた際も、「日本のベーブ・ルース」と米国で大きな注目を集めた怪物・清宮。U-18ワールドカップでも、その1打席1打席に熱視線が送られることになりそうだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)