ハム栗山監督が阪神移籍のメンドーサに太鼓判「阪神の力に間違いなくなる」

ハム栗山監督が阪神移籍のメンドーサに太鼓判「阪神の力に間違いなくなる」

阪神へ移籍の決まったルイス・メンドーサ【写真:田口有史】

日本ハムで能力を引き出しきれず「俺の責任」

 日本ハムの栗山英樹監督が31日、阪神へトレード移籍したルイス・メンドーサ投手の活躍に太鼓判を押した。

 この日の発表を受け、ソフトバンク戦の前に「タイガースの力に間違いなくなる。状態がいいし、いい形でやってくれると信じている」と力強く話した。

 来季構想外であることをメンドーサには伝えたのは、栗山監督自身だったという。「その時の態度が本当に立派だった。感謝したし、感動した。そういう人にはチャンスが来るんだよ。本当に良かった」と自分のことのように喜んだ。

 来日4年目のメンドーサは今季3勝7敗、防御率3.97の成績だったが、日本ハムでのラスト登板となった8月18日の西武戦では7回4安打無失点の好投を見せた。「この前みたいなピッチングができるのに、それを続けさせてあげられなかったのは俺の責任。申し訳ないとか伝えられなかった」。持っている能力を完全には引き出せなかったことを悔やみながらも、新天地での活躍を願っていた。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)