阪神タイガースが中日に敗れ4連敗 野口寿浩氏「間が悪い」「悪循環」と指摘

記事まとめ

  • 阪神タイガースは、2日の中日ドラゴンズ戦に敗れ、4連敗を喫した
  • 野口寿浩氏は、初回の3ランの場面について「間が悪いし、サインが決まらない」と指摘
  • 得点力不足には「甘い球を見逃して、そのあとの難しい球を振っている」と分析した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております